自家製レモンピールの作り方 皮まで安心!国産レモンを丸ごと味わう

スイーツレシピ

とっておきの自家製のレモンピールの作り方を紹介します。

皮のキレイな国産レモンが出回りはじめたら
皮を丸ごと使ってつくります。

手作りは、市販のものとは比べものにならないくらい
香りがいいんですよ!

お菓子に混ぜ込むと
「素材が変わるとこんなにも違うのか!」
と驚くほどフレッシュ感のある味わいになります。

国産レモンはいつ手に入る?

輸入物は、1年を通して流通しているので、
いつが旬なのか、分かりにくくなっていますよね。

レモンは10月頃、早いところでは9月から収穫が始まります。

この時期は青い状態。「グリーンレモン」と呼ばれます。
果汁は少ないものの、さわやかで突き抜けるような鮮烈な香り。

それがだんだん黄色く色付いて、私たちがよく知っている
黄色いレモンは、12月~3月ごろに収穫されます。

冬の寒い時期になると、
「さぁ今年もそろそろレモンピール仕込もうか!」と、
徳島から近い場所にある淡路島へ。

無農薬・ノーワックスのレモンを毎年買いにいきます。
画像はグリーンレモンの時期のもの。

自家製 生レモンピールの作り方

グリーンレモンの時期と、黄色いレモンの時期
それぞれ個性が違うから2回作っています。

まず、レモンはカットして果汁を絞り、果肉から皮をはがします。

ピールとして使う場合は大きくカット。
焼き菓子に混ぜ込むときは、細かく刻むといいですよ。

作業中はレモンの酸っぱい香りに包まれます。

「リモネン」って聞いたことありますか?
レモンのような柑橘系に含まれる香りの成分なんです。

リラックス効果があって、安眠を促すといわれています。
ピールづくりのおまけで、心身がリフレッシュされるよう。

皮から薄皮をはがしとる作業。
レモンによっては、しっかり密着しているので力がいります。

種もピールを炊くときに使いますので、とりわけます。

ふ~~量が多いとここまで、ひと仕事なのですが
皮、房、果汁、種に分けます。

皮のゆでこぼしをします。
苦みを取り除くためです。

何回ゆでこぼすかは、残したい苦みの程度や好みに合わせて
そのつど変えます。

相手が自然のものなので、レシピどおりにはいきません。
大切なのは「自分の感覚」です。

粗熱がとれたら、かたい筋や、
白いワタの部分が多いものは適度な量になるように、
ナイフで丁寧にこそげとります。

いよいよ煮ていきます!
 
砂糖の量は、ジャムとして楽しむ場合は、
レモンに対して、60%ほど
ほどよい甘さなら、50%
低糖にするなら40%を目安にします。

 
レモンによっても
品種によっても酸味は違う。
ここは経験値を頼りに、そのつど調整はします。

私はお菓子に混ぜ込むことを前提に作るから、
ジャムのように長期保存を目的にしていません。

レッスンではレシピごとに指定しています。

 

種にはとろみをつけるペクチンが含まれていますので
袋に入れて、果汁とともに煮ています。

とろ~り、濃度が付くまで煮詰めたら完成!!

冷めると、とろみは強くなりますので
少しゆるめでストップするのがコツ。

使うお菓子に合わせて、ペースト状にすることもあります。

棒状にするとチョコレートかけるのにぴったり。

こちらは大きくカットした状態で。

季節を感じながら素材と向き合う時間をもつと
心が整う気がします。

自家製レモンピールの活用法

パウンドケーキに混ぜこんだり…

販売でも大人気、ウエディングの引き菓子にも
お作りさせていただいレモンケーキ。

国産・無農薬の自家製生レモンピールを
たっぷりと混ぜ込んで香り高く仕上げています。

市販のレモンペーストでは出せない
他にはないフレッシュな味わい。

12ヶ月のオンライン講座では、柚子でピールを作ります。
ご自宅に徳島特産の無農薬柚子をお届けします。
レモンと同様に、様々なスイーツにお使いいただけますよ。

タイトルとURLをコピーしました