プロフィール

幸せつなぐパティシエ とくもと さとこ

お菓子教室 Atelier S Liaisonを運営

ごあいさつ

 

はじめまして。
幸せつなぐパティシエ とくもとさとこです。

 

お菓子教室をはじめて16年目。

のべ3800人をご指導してきました。
現在は、オンラインでお菓子をお教えしています。
 
 
お菓子づくりに目覚めたのは20代。
本で見た、美しいフランス菓子にあこがれて
お菓子づくりを始めたのがきっかけでした。
 
 
ル・コルドンブルー神戸校でディプロマを取得後、
徳島でお菓子教室をスタート。
パリのル・ノートル、ベル―エ・コンセイユなどの
製菓学校で研修を受けたりしながらスキルを磨いてきました。
フランスの地方菓子にひかれて
各地を旅することも好きでした。
 
モットーは「まずはやってみる!」です。
自分の目で見て体験することで、
理解することを大切にしています。

 

たくさん失敗をしてきましたので
その経験が、お教えするときにも生かされ、
今につながっています。

 
 
例えば、フランスの地方菓子に
ガトーバスクという焼き菓子があります。
 
現地のガトーバスクを知りたくて、
スペインとフランスの国境近くにあるバスク地方へ。
お菓子巡りの旅をしたことがあります。
 
サールという、フランスで最も美しい村に指定されている
緑豊かな山の中に、ガトーバスク博物館があります。
 
 
さくらんぼや、カスタードが入った
伝統的なガトーバスクを味わいました。

 

素朴そのものですが、現地のお菓子屋さんでは
洗練されたものもあったり、強く印象に残る味わいした。

 
私の講座に、鳴門金時のスペシャルガトーバスク
があります。
鳴門金時という「徳島の素材」を生かすメニューを作るとき
浮かんだのがガトーバスクでした。
 
素朴さや、カジュアルな雰囲気が現地が味わった
ガトーバスクのイメージと重なったのです。
 
日本の生産者さんの素材=「和」を生かし、
現代的なスタイルのフランス菓子にする。
製菓理論を土台に、ワンランク上の味にするのが
「和モダンフランス菓子」のスタイルです。
 
講座で学ばれている人の目的、
目指されることは1人1人違います。
 
 
その方のゴールに向かって道筋をえがき
課題を適切なタイミングでお出ししながら
「苦手」を「できる」に変える。
個人だからこそできる、
寄り添ったサポートを大切にしています。

 

 

屋号「Atelier S Liaison」のリエゾンとは
フランス語で “つながり” という意味。
お菓子から、幸せがつながる想いを込めました。

 

 

経歴

■経歴

ル・コルドンブルー神戸校 菓子ディプロム取得後(2005年)
お菓子教室 Atelier S Liaisonをオープン。(2006年)
フランス・パリの製菓学校ベルーエ・コンセイユ、ル・ノートルにて研修。

教室を始めて今年で16年目。
これまでのべ4000人以上の方をご指導してきました。
菓子製造業の営業許可取得

2021年からは、オンラインのお菓子教室として活動しています。

 

■メディア実績など
タウン情報誌レシピ提供
FMびざんラジオ番組Jeudi-Huit出演 
パナソニックスチームオーブンレンジ「ビストロ」料理、徳島教室を担当
美馬の食材を使ったコラボディナー調理補助を担当 
エミールカルチャーの企画イベント 1Day cafe&焼き菓子の販売
エミールカースクール 講師 お菓子講座担当(~2019年) 
NHK徳島 今コレ食べドキ 出演中 お菓子レシピ提供 他

 

お菓子づくりの知識が増える!無料メールレッスン
動画付きレシピをプレゼント中

▼今すぐメルマガ登録でプレゼントを受け取る▼

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

タイトルとURLをコピーしました