自信をもってお菓子づくりを伝えられる先生になるには?

お菓子作りの様々な知識

人に教える立場なら、何でも知っていて当然と見られるけど
先生だって、知らないことはたくさんある。

生徒さんから聞かれて

「上手くいった経験は伝えているけど
これで合っているか分からない。
正解ってどうなんだろう?

ということ、多いんじゃないかな?

そんな不安に対して 解決するヒントになる体験をしたのでシェアします。

先生だって知らないことはたくさんある

フルーツカッティングのプロである友人と1年ぶりに再会しました。
徳島にある、オシャレなカフェへ。

お互い、教室業という共通点があるので
「こんな時どうしてる?」ってリアルに聞ける。

フルーツの扱いにおいても、
お菓子教室とはまた違う気配りがあって
「なるほど~」って新たな視点が見つかったり。

例えば、友人によると
苺を買うのは、必ずレッスン当日の朝だそう。

それ程「鮮度」が大事なんだって。

自信をもって伝えられるようになる方法とは?

お菓子の場合は、粒の大きさとか、
酸味と甘みのバランスなど…気にすることが他にもいろいろ。

「鮮度が大事」というの知っている。

でも、鮮度にどのくらいプロが重きを置くのか?
そのためにどういう細やかな気配りをするのか?

直接聞いたことで深い理解が得られた。

生徒さんにも「鮮度って本当にすごく大事なの!!」
と実感をもって伝えられる。

つまり、プロから直接
「それで合っている」と言ってもらったり

答え合わせすると自信になるんです。

知っている → 深い理解

常識はこうだから、とか表面的な浅い理解ではなく
もう少し深い部分をちゃんと理解できているかどうかが、
自信の差になる。

ネットでどんなに情報があふれていても
自分にぴったりではない。
深い理解にはとどかない。

 

自分なりに上手くいってはいるけど、
これが正解なのか自信がもてない方へ。

オンライン講座では、お家で実習しながら
私からの直接のアドバスを受けられます。

 

徳島の特産の地場の素材=日本の素材をいかす
「和」×「フランス菓子」の和モダンフランス菓子

オンライン講座の詳細はこちらから。
https://onlinelesson-atelier-s-liaison.com/?blog

タイトルとURLをコピーしました