徳島のパティシエが教える!材料3つでできる すだちシロップの作り方 レシピ

スイーツレシピ

すだちシロップの作り方 レシピを紹介します。

徳島の秋を告げる柑橘といえば「すだち」
8~9月、実家のすだちがたくさん実をつけます。

この時期にとれるすだちは、香り・酸味ともに強くて
香り高いシロップができます。

「今でしょ!」のタイミングを逃さないよう、すだちを満喫しましょう。

保存瓶の殺菌消毒をしよう

まずは保存瓶の殺菌からです。

きれいに洗って、熱湯殺菌したあと
アルコールスプレーをかけます。
完全に水分を乾かしておきましょう。

ガラス製だと、100℃程のオーブンに20分入れて
殺菌することもできます。
大量の湯を沸かさなくてすむので、いつもこの方法です。

状況に合わせて行ってください。

ガラス製の注意点は、温度差に弱いこと。

オーブンで高温になった瓶を
急激に冷やすと割れやすいのでご注意下さい。

パッキンやフタなど、耐熱でない素材は
アルコールスプレーをかけます。

トングやバットなど、道具も忘れないよう殺菌しましょう。

材料3つでできる すだちシロップの作り方 レシピ

材料について

材料は、すだち、氷砂糖、はちみつ

すだち500gとは?
皮をむいた正味の重さです。

750gのすだちの皮をむくと500gほどになります。
使い捨て手袋をして、小さめのナイフで皮をむきます。

おいしさのポイント

すだちはナイフで皮をむきます。

皮をむくなんて手間かかりそう~と思っていませんか?
でも大事なポイントです。

すだちの皮には苦み成分があります。
皮をつけたままだと、シロップが苦くなって雑味が出ます。

白い部分は残っても構いません。

すだちの下処理

皮をむいたすだちを半割にします。

ナイフの先で種を取り除きます。

断面に見える種だけでよいので、
中に入りこんでいるものは無理に出さなくてもOK。

大玉のすだちは、スライスしてもいいですね。

保存瓶に入れる

すだちと氷砂糖を交互に重ねます。

最後に氷砂糖でフタをするように入れます。

はちみつを注ぎます。

すだちシロップの保存方法

保存は、直射日光があたらない冷暗所で。
時間がたつと熟成していきます。

とはいえ、9月はまだまだ暑いですよね。
ぶくぶく発酵してくることもあります。

冷蔵庫に入る大きさの瓶なら
氷砂糖がだいたい溶けたら冷蔵保存すると安心です。

左:1週間後  右:1日後 
3~4日ほどでシロップが上がってきます。

はじめの1週間は1日1回、瓶をゆするか混ぜてください。

冷凍したすだちで作ったらどうなる?

たった1日で、シロップが上がっていました!

「普通に」おいしかったです。

でも、冷凍してないものと比較すると
違いをハッキリ感じました。

冷凍しない方が上品で雑味がないというか、
味がまろやかです。

冷凍すると、すだちの繊維が壊れやすくなり
水分が一気に抜けるときに
苦味や雑味が出てしまうのかも??

時間をかけて氷砂糖で
「あえてゆっくり浸透させる」理由が
ここにあるのだと思いました。

とにかく、早く飲みたーい!
ときは、すだち果汁を絞って砂糖で甘くすると
待たなくていいですよ。

自家製すだちレモネード

すだちシロップができたら、真っ先に試すのがコレ!

炭酸や水で割ると、すだちレモネードのできあがり。
すだちの実も一緒入れて、召し上がって下さい。

つくレポが届きました

生徒さんが作ってくださいました!

昨年に続き、今年も作って下さって嬉しい。
すだちスカッシュ、楽しみですね。

すだちシロップの輪が広がればいいな~

動画でご覧になりたい方はこちらから

すだちシロップの作り方です。
所用時間:6分17秒

すだちを使ったスイーツを動画でいろいろ紹介しています。

「すだちのジェラード」は簡単につくれますので
レシピをぜひチェックしてみてね。

タイトルとURLをコピーしました