スポンジ生地と同じレシピでオムレットケーキは作れる?

受講生からの質問にお答え
丸いスポンジに、ホイップクリームをはさみ、
フルーツなどを包んだオムレットケーキ。
 
パンケーキみたいに丸く薄く広げて
焼くレシピをよくみかけますね。

受講生さんから、スポンジ生地と同じ配合で
オムレットは作れますか?

という質問がありましたので、作れるか確かめてみました。

オムレットに適した生地とは?
スポンジ生地で作るメリット・デメリットについても検証します。

 
 

オムレットの配合を考えるポイント

オンライン講座では、
スポンジ生地で苺のケーキを作っています。
 
スポンジ生地を作った受講生さんから質問がありました。
 
*****************
 
スポンジ生地が
おいしすぎたみたいで、
 
薄くカットしてオムレットを
作って!と家族にリクエストを
もらいました。
 
同じレシピのまま、
ロール生地みたいに巻けますか?
 
****************
 
 
 
検証のポイントは、
スポンジと「同じ配合で」2つ折りにする柔軟性があるか?
という点です。
 
オムレットは一般的に、薄焼きのスポンジ(ビスキュイ)で作ります。
 

区別するため以下は、厚焼きスポンジをジェノワーズと書きますね。

 
オムレットの配合を考える上で大事なことは…
 
焼きあがって冷めてからも
しっとりして、巻けるやわらかさを保っている。
 
ということ。
 
ジェノワーズでつくるオムレットは
多く見かけるので、包めることは分かっています。
 
ただ、ビスキュイと比べてどのくらいの柔軟性があるのか
この機会に確かめました。
 

ジェノワーズでつくるオムレットケーキ

 
出来上がったのがコチラの写真です!
 
 
 
講座のスポンジ生地は
柔軟性のある配合だったこともあり
そのままのレシピで、問題なく巻けましたよ。
 
 
市販のスポンジ生地だと
柔軟性が少なくポロポロする商品もあるので
割れやすいかもしれません。
 
 
せっかくなので、
ジェノワーズとホイップクリームを桜風味にアレンジ。
 
もう1つは、プレーンなジェノワーズに
抹茶のホイップクリームを絞っています。
 
上にのっているのは、秋に作ったグリーンレモンのコンフィ。

オムレットをジェノワーズで作るメリット

オムレットは、一般的に別立てのビスキュで作りますが
ジェノワーズで作る良さは3つあります。

厚み・形が整う

今回は1㎝厚さにスライスしました。
ビスキュイは絞ったり広げると、厚みにムラできますが、
ジェノワーズは厚みを均等にできます。
丸型は直径も整いますね。

余った生地を使いきる。

ジェノワーズが余ったときの消費手段になる。
余ったスポンジを薄くスライスして
冷凍保存してる人は多いと思います。

ホイップクリーム・フルーツとの調和

ソフトな弾力と一体になる口溶けは、ジェノワーズならでは。
ショートケーキを食べたいけど、
よいしょがいる~ってとき。すごく手軽に作れます。
 
 

オムレットをジェノワーズで作るデメリット

次にデメリットです。

焼き時間が長く冷めにくい。

ビスキュイは焼成10分とかかりません
あっという間に冷めます。
ジェノワーズは25分以上はかかりますし
冷ますのも時間がかかります。
 

生地のスライスが苦手

薄くなったり、ボロボロになったり…。
苦手意識のある方は、ビスキュイの方が気楽かも。
 

お菓子に合わせたスポンジをつくる

スポンジ生地にも色んな配合がありますが
ベースとなる基本を知ると、アレンジは無限大!!
 
実は、桜風味のスポンジ生地は
一部を米粉に置き換えてみました。
 
小麦粉のソフトな弾力とはまた違う、存在感のある
食感になって生地がしっとり。
 
こんな風にスポンジ研究は、
毎回新しいことを試すことが多いのですが、
沼に入ると、終わりがありません 笑
 
 
オムレットケーキのように「柔軟性がある」生地が
必要なとき、どのように配合を考えるのか?
 
製菓理論を知って初めて、
自分でレシピを考え、アレンジが自在にできるようになります。

動画でご覧になりたい方はコチラ

ジェノワーズで作ったオムレット
1分動画でご覧ください。
 

 
自分が思い描くお菓子を作れるようになりたい方へ
 
オンライン講座では、

お菓子を教えたり、販売したい方に向けた
理論を学べる、マンツーマンレッスンをしています。

趣味でお菓子を極めるために、
理論を知りたい方も受講いただけます。

徳島特産素材&材料配送付きのオンラインレッスン
「和」×「フランス菓子」の和モダンフランス菓子

オンライン講座の詳細はこちらから。
https://onlinelesson-atelier-s-liaison.com/?blog

タイトルとURLをコピーしました