【ピスタチオペースト】お菓子づくりでおすすめのメーカーは?

お菓子に使う材料の話
新緑がまぶしい季節、鮮やかなグリーンを
おもわせてくれる素材「ピスタチオペースト」
グリーンのお菓子といえば「抹茶」がうかびますが

ピスタチオならではの、やわらかな黄緑色にハッとします。

 

お菓子教室の先生や、お菓子を仕事にしたい方は
業務サイズで購入されることが多いはず。
 
 
ですが、メーカーによってかなり味が違います。
好みじゃないものを選んでしまったら…使いきるまでが長い!
 
 
 
1Kgで1万円以上するいいお値段。
失敗したくない~!という方へ。

 

お菓子教室を16年づづけて、多種類のメーカーを試してきた私が
おすすめのピスタチオペーストをご紹介します。

比較検討でよくあがる2メーカーを使った感想もお伝えします。

 
 

ピスタチオペースト1Kg 業務サイズおすすめメーカー

BABBI(バビ)ピスタチオペースト

シシリー産ピスタチオをベースに
ブレンドされたイタリア製のペーストです。
 
■原材料名:ピスタチオ、植物油、ぶどう糖
■添加物:着色料(黄4、青1)
 
 

長年、愛用している一番おすすめのメーカーです。

気に入っているのは、味と発色の良さです。
濃厚でまったりとしたコクがあり、風味はまろやか。
「これぞ、ピスタチオ~!」という味です。

発色の良さは着色料が入っているから。
(無着色タイプもあります。)

焼き菓子は焼成後もグリーンがくすみません。

 
バトー型(小舟)でピスタチオのフィナンシェ。
生地のグリーンが鮮やか~

 

ムースや生クリームに混ぜ込んでも色がキレイです。

お菓子は見た目の印象が、おいしさにつながるので
発色は重要だと思います。

 
 

ピスタチオペースト2メーカーの比較

BABBIと比較して迷われる方が多いメーカーです。
私も気になって、両方使ってみました。

MARULLO マルッロ / ピスタチオペースト

無着色、砂糖や油脂を一切添加してないタイプです。
■原材料名:ピスタチオ
 
 

商品の説明書きには…

 
イタリアのシチリア島・ブロンテ村のピスタチオは
その芳醇な風味で世界最高品質とも言われ、
二年に一度、奇数年にのみ収穫される希少なもの。
 
とあります。
 
 
滑らかで、非常にまったり濃厚!
BABBIとは味が違います。
 

甘みが添加されてないせいか、わずかな渋みがあります。
少し好みが分かれる味かも?

 
無着色で、茶色がかかったオリーブ色?です。

 
クリームに混ぜ込むと薄めのグリーンに。
見慣れたグリーンに比べて薄く感じます。
 
焼き菓子に使うと、茶色っぽくなりました。
でもこれがナッツ本来の色なのでしょうね。

 

ピスタチオペーストを使うときの注意点

開封したら、油分と固形分が分離しています。
底からよく混ぜて使いましょう!
 
 

 

混ぜずに使ったら、ムラになりますので
そのつど混ぜましょう!
 
 

ナッツの女王と言われるピスタチオ。
手作りなら、思う存分おいしいピスタチオスイーツが楽しめます。

12ヶ月のオンライン講座では2メニューに
ピスタチオペーストを使っています。

材料セットでペーストもお届けしますので
お味見して気に入れば、購入をご検討ください。
 
 
 
パリでも買えない「和モダンフランス菓子」
徳島特産品と、材料セットの配送つきオンラインレッスンは
 
動画で好きなときに気軽に学べる、動画プラン
 
お菓子をおしえて3年以内の先生、
お菓子をシゴトにしたい方に向けた
製菓理論も合わせて学べるマンツーマンプランがございます。
 
オンライン講座の詳細こちらから。
タイトルとURLをコピーしました