お菓子の味が落ちない バター冷凍保存の方法

お菓子作りの様々な知識

バターは冷凍できますか?
冷凍する方法も教えてください
という質問をいただきました。

受講戦さんからのご相談だったのですが、
詳しく聞くと、人にプレゼントするので
美味しい焼き菓子を作ろうと思うが、

冷凍したバターで作ると
お菓子の味が落ちてしまうんじゃないか?と心配。

冷凍しても大丈夫かどうか迷う、という内容でした。

バターは冷凍しても風味は落ちないのか?
ブロック・小分けでの冷凍保存の方法をお伝えします。

和モダン フランス菓子
オンライン お菓子教室
とくもとさとこです。

この内容を動画でご覧になりたい方はこちらから。
音声で聞き流しても分かります。
所要時間:6:07

バターは冷凍できる?

バターは冷凍できます。

なぜ冷凍すると品質が落ちるイメージがあるかというと…

おそらく水分の多い素材、
例えば、豆腐のようなものを冷凍すると
食感が変わってスッカスカになってしまったりします。

冷凍すると、食材の味や食感が
変わってしまうんじゃないかな?という
イメージを持たれているんだと思います。

バターのことに関して言えば、
実際の実験データがどうかまで知らないですが、
実感として冷凍したからといって
焼き菓子の味が落ちたとは感じません。

なぜかというと、
私自身も常に冷凍しているからです。

一時期、バターが入手しずらい、
個数制限があった時期がありましたよね。

そんな時に、
レッスンや販売で使う量が分かっていて
どうしてもバターの確保が必要
という時がありました。

そういうときは、買える時に少しずつ買って
冷凍していました。

1番長くて8ヶ月ほど冷凍してたことあります。
折パイを作ったのですが、
味が落ちてる感覚はなかったです。

これは良い状態を保って冷凍できていることが前提です。

冷蔵庫の食材のにおいがついたり
冷凍焼けさせてしまうと台無しです。


どうやったら、いい状態で冷凍できるのかをお伝えします。

バターの冷凍方法 ブロックと小分け

ブロックで冷凍するときと、
小さくカットして冷凍するとき、
この2つのパターンの冷凍の仕方が違います。

バターをブロックで冷凍する場合

おそらくお菓子作りをされる方でしたら
業務用の450gで購入される方が多いと思います。

私は、ブロックの状態で常に冷凍しています。
できれば、ブロックが良いとは思います。

なぜかというと、
長く冷凍保存できるからです。

買ってきたときは、銀紙に包まれています。
はがさないようして、上からラップで包んでください。

それを冷凍用の保存袋に入れて冷凍庫で保存します。

キッチリ密封できていると、
半年は保存可能です。

これは冷蔵庫の扉の開閉にもよるし、
冷蔵庫が、家庭用か業務用なのかにもよっても違うので、
あくまでも保存状態によって変わります。

バターを小さなブロックで冷凍する場合

次に小さなブロックで冷凍する場合です。

ほとんどの皆さんがカットして残った分を
冷凍しておこうかな考えると思うので、
小さなブロックで冷凍することが多いんじゃないかなと思います。

バターは開封すると酸化が始まります。

また、風味もどんどん落ちていきます。

特にバターは、冷蔵庫のにおいを吸着しますので、
すぐにおい移りしやすいんです。

だから使い切らない時は、
冷凍したほうが美味しくいただけます。

お菓子作りのためなら、
10gとか小さすぎるブロックだと使いづらいので、
50gぐらいがおすすめです。
もしくは100gでもいいかなと思います。

カットしたものをラップで包んでください。
しっかりと包んだところを、
さらにアルミホイルで包みます。

なぜアルミかというと、
バターは光に弱くて酸化しやすいからです。

売られているバターもね、
銀紙で包んで遮光していますから。

この状態で、冷凍用のジップ付きの袋などに
入れて保存してみてください。

これも保存状態によりますが、
1ヶ月ぐらいを目安に使い切ってください。

入れる時は、
なるべく冷蔵庫の扉の手前ではなく
奥の方が温度変化が少ないのでおすすめです。

手前に入れると、扉を開けるたびに
温度が上がるので、あまり良くないです。

出来れば、奥の方で保存してください。

良い状態で保存できると、お菓子もおいしく作れますし、
長期間、もちますので、ぜひ試してみてください。

マンツーマンのオンラインレッスンでは
質問は無制限なので、
こいう、ちょっとした疑問も確認することができます。

ご自身でネットで調べたとしても
それで合っていますよ、と直接言われると
納得しきますし、人に自信をもって伝えることができます。


オンライン講座の詳細はこちらから

 
 
メルマガではお菓子づくりが楽しくなる!
知識やコツをお届けしています。
↓↓↓
タイトルとURLをコピーしました