タルトの底が浮いてふくらむのはなぜ?原因と対処法②

お菓子作りのコツ
タルト底が
浮き上がってふくらんでしまう。
 
とお悩みの方へ

前回の記事の続きです。

 
タルト底の浮きを防ぐ3つの対処法
お伝えします。

① 空気が入らないように生地を敷き込む

タルト生地を敷き込むときに

空気が入らないよう、

型にピッタリと生地を貼り付け
ます。
 
特に、タルトの底の角は浮きやすいので
しっかり生地を入れ込みます。
 
 

② タルトの底板を外す

空焼きをしない場合は、

タルト型の底板を外して
シルパンの上に置いて焼きます。
 
 
 
底をご覧ください!
浮かずに焼き色も均一。

こうすると浮かず、
余分な水分が抜けて
生地がサクサクします!

 

③ タルトリングを使う

生地の敷き込みに、少し慣れが必要ですが

底板がなく、直接火が入るので

サクサクに焼けます。

 
ただタルト型に比べて

高さが低いので、

詰めるクリーム量は少なめに。

 
タルト型と、タルトリングは、

仕上がりのイメージによって

 
使い分けるといいですね。
 
 
 
 
 
現在、教室のリニューアル準備中です。
 
新しいオンライン講座に生まれ変わりますので
どうぞ楽しみにお待ちください。
 
日々のことや、
最新情報は、メルマガでお届けしています。
 
\お菓子づくりのヒントが見つかる/
タイトルとURLをコピーしました