タルトの底が浮いてふくらむのはなぜ?原因と対処法②

お菓子作りのコツ
タルト底が
浮き上がってふくらんでしまう。
 
とお悩みの方へ

前回の記事の続きです。

 
タルト底の浮きを防ぐ3つの対処法
お伝えします。

① 空気が入らないように生地を敷き込む

タルト生地を敷き込むときに

空気が入らないよう、

型にピッタリと生地を貼り付け
ます。
 
特に、タルトの底の角は浮きやすいので
しっかり生地を入れ込みます。
 
 

② タルトの底板を外す

空焼きをしない場合は、

タルト型の底板を外して
シルパンの上に置いて焼きます。
 
 
 
底をご覧ください!
浮かずに焼き色も均一。

こうすると浮かず、
余分な水分が抜けて
生地がサクサクします!

 

③ タルトリングを使う

生地の敷き込みに、少し慣れが必要ですが

底板がなく、直接火が入るので

サクサクに焼けます。

 
ただタルト型に比べて

高さが低いので、

詰めるクリーム量は少なめに。

 
タルト型と、タルトリングは、

仕上がりのイメージによって

 
使い分けるといいですね。
 
 
 
 
 
現在、教室のリニューアル準備中です。
 
新しいオンライン講座に生まれ変わりますので
どうぞ楽しみにお待ちください。
 
日々のことや、
最新情報は、メルマガでお届けしています。
 
\お菓子づくりのヒントが見つかる/
メルマガ登録

 

幸せつなぐメルマガに登録する

プロフィール紹介
幸せつなぐパティシエ
とくもと さとこ

通わず学べる!オンラインお菓子教室
Atelier S Liaison とくもとさとこです。

徳島の特産素材を生かす材料配送つきフランス菓子講座。
お菓子を仕事にしたい方、先生向けの
製菓理論が分かるマンツーマンレッスン。

「苦手」が「できる」に変わる。
個人によりそうお菓子づくりをサポートしています。
 

とくもと さとこをフォローする
オンライン講座


■New! 季節のレシピ動画レッスン

■徳島素材×フランス菓子 動画レッスン
ベーシックコース+材料配送つき

■マンツーマンプロコース
製菓理論から学ぶフランス菓子(商用利用あり)

LINE登録


毎週 月・金にお届け
ご質問も気軽に 1:1トークで直接対話

お菓子作りのコツお菓子作りの様々な知識
徳島素材で作るフランス菓子 オンラインお菓子教室 アトリエ エス リエゾン
error:
タイトルとURLをコピーしました