絞ったシュー生地に霧吹きをしないとどうなる?

受講生からの質問にお答え
受講生さんからの質問に
お答えするQ&Aです。
 
 
シュー生地を焼く前に
霧吹きをしながった場合
どうなりますか?
 
 
という質問をいただきました。
 
 
 
オーブンに入れた後で
霧吹きを忘れた!
 
と気付いても
オーブンは開けられないし。
 
霧吹きをしなかったら
いったいどうなるの?
 
 
と思ったことありませんか?
 
 
 
結論から言うと、
 
ふくらみが悪くなります。
 
 
 
ふくらみをよくするために

シュー生地の表面を
水分で湿らせておきます。
 
 
 
生地の乾燥を防ぐことで
表面が早く焼き固まるのを
遅らせることができるため、
 
シュー生地がよくのびて
ぷっくり膨らみやすくなるんです!
 
これが霧吹きの役割です。
 
 
表面に溶き卵を塗っても
同様に乾燥を防げて、
色付きがよくなります。
 
 
 
霧吹きがないときは
手に水をつけて、
指ではじくように、水をパッパッと
かけるだけでも違います。
 
 
 
上達への近道は、
繰り返しつくること。
 
 
作るからこそ
疑問が次々と出てきて、
理解が深まっていきますね。
 
 
 
 
 
現在、教室のリニューアル準備中です。
 
新しいオンライン講座に生まれ変わりますので
どうぞ楽しみにお待ちください。
 
日々のことや、
最新情報は、メルマガでお届けしています。
 
\お菓子づくりのヒントが見つかる/
メルマガ登録

 

幸せつなぐメルマガに登録する

プロフィール紹介
幸せつなぐパティシエ
とくもと さとこ

通わず学べる!オンラインお菓子教室
Atelier S Liaison とくもとさとこです。

徳島の特産素材を生かす材料配送つきフランス菓子講座。
お菓子を仕事にしたい方、先生向けの
製菓理論が分かるマンツーマンレッスン。

「苦手」が「できる」に変わる。
個人によりそうお菓子づくりをサポートしています。
 

とくもと さとこをフォローする
オンライン講座


■New! 季節のレシピ動画レッスン

■徳島素材×フランス菓子 動画レッスン
ベーシックコース+材料配送つき

■マンツーマンプロコース
製菓理論から学ぶフランス菓子(商用利用あり)

LINE登録


毎週 月・金にお届け
ご質問も気軽に 1:1トークで直接対話

受講生からの質問にお答えお菓子作りのコツお菓子作りの様々な知識
徳島素材で作るフランス菓子 オンラインお菓子教室 アトリエ エス リエゾン
error:
タイトルとURLをコピーしました