焼き菓子の保存方法 食べきれないとき冷凍はできる?

受講生からの質問にお答え
焼き菓子の保存方法について、
受講生さんより質問がありました。
 
焼き菓子はどのように保存したらいいですか?
食べきれない分は冷凍保存できますか?

という内容にお答えします。

焼き菓子をとりあえず冷蔵庫に入れていませんか?

カフェに焼き菓子を卸している
知人から聞いたエピソードですが…

「持っていったら、前に卸したお菓子が冷蔵庫に入っているのが見えて…
室温で保存してくださって、伝えているんだけど。
あまり気にしてないのか、
スタッフにも伝わってないみたいで。」

という話を聞きました。

作り手としては、本当においしく食べてもらいたい一心で。
こうして保存して欲しい、という気持ちがすごく強いですよね。

でも、お菓子を提供する仕事であっても
意識の差ってあるんだな~と感じました。

焼き菓子を冷蔵庫に入れるとかたくなる理由

焼き菓子は、直射日光のあたらない
涼しい場所で保管するのが基本です。

傷むのが心配で、とりあず冷蔵庫に入れておけば安心
というのは実際ありますが…

冷蔵庫に入れると
焼き菓子はかたくなって食感が変わってしまいます。

これはでんぷんの老化によるもの。

老化現象は、水分含量が30~60%
温度が0~3℃の時に最も進みやすいと言われています。

これが冷蔵庫に入れるととかたくなる理由です。

冷蔵庫に入れる気温の目安は〇℃

では気温が何℃になれば冷蔵庫に入れたらいいのでしょう?

私は25℃を目安にしています。


カビがはえるから、というのもありますが
油脂の酸化が加速しだす温度が25℃だからです。

バターをたっぷり使った焼き菓子は
酸化を防ぐ意味でも、25℃以上になれば
冷蔵庫で保存した方が安心です。

焼き菓子を冷凍する方法

食べきれいない量ができたときは
冷蔵庫で長くおくより冷凍した方が品質が保てます。

パンなども一緒ですよね。

室温で数日おいて食べきれなくて冷凍するより
焼きたてを冷まして、すぐに冷凍した方がおいしい!
 
焼き菓子も、食べきれないのが分かっているなら
すぐに冷凍しておくといいですよ。
 
焼き菓子をラップでぴったり包み
密閉できるジッパー付きの冷凍袋に入れて保存します。
 
大きいホールケーキだと、解凍に時間がかるから
一切れずつ小分けにから私は保存することが多いです。

 
食べる時は、室温に置いて自然解凍でOK。
冷やして食べるお菓子は
例えば、ベイクドチーズケーキなどは
室温ではなく、冷蔵庫で半日くらいおいて解凍しています。
 
 
冷凍庫の保存状態によりますが
ご家庭だと1カ月を目安に食べきるようにします。

焼き菓子の品質を保つ冷凍する方法

ガスバリア袋に入れて脱酸素剤を入れて
シーラーで完全に密封しておくとより安心です。

簡易にラップで包んだだけでは
やっぱり冷凍庫のニオイがうつったり
乾燥することもあるので。

よりよい状態で品質を保ちたい、
おいしく召し上がってもらいたいならこの方法が
よいと思います。

お菓子を仕事にしたい方は参考にしてみてください。

動画でご覧になりたい方はコチラ

1分動画で保存についてお伝えしています。
 

 

パリでも買えない「和モダンフランス菓子」
徳島特産品と、材料セットの配送つきオンラインレッスンは

動画で好きなときに気軽に学べる、動画プラン

お菓子をおしえて3年以内の先生、
お菓子をシゴトにしたい方に向けた
製菓理論を学べるマンツーマンプランがございます。

オンライン講座の詳細こちらから。

タイトルとURLをコピーしました