【桜パウダーの特徴と使い方】やさしい桜色のお菓子がつくれる!

お菓子に使う材料の話

やさしい桜色が春のお菓子にぴったり!
「桜パウダー」の特徴と使い方を紹介します。

桜素材が気にる季節ですね。
桜アイテムをInstagramにアップしたとろこ質問がありました。


「桜パウダー、私も気になって買いました。

ほんのり桜味ですか?
使い方を教えていただけるとありがたいです。」

そこで、桜パウダーの使い方と特徴をメーカーさんに聞きました。
購入のヒントにしていただければと思います。

桜パウダーって何?

桜パウダーはいろんなメーカーから出ています。

パウダー状のものは
お菓子に練りこみやすくトッピングとしても使えます。

いつもは製菓材料のネット通販で取り寄せするのですが
近所のスーパーで、パイオニア企画さんの桜パウダーを発見!

こちらのメーカーを使うのは初めてです。
少量で使いきれるサイズがいいなと思いました。

 

パッケージに書いてある説明では…

****************

桜花・桜葉のペーストから作られたパウダー。
焼き菓子やパン生地へ混ぜ込むと、
かわいらしいピンク色に仕上がります。

*****************

この機会に商品の特徴についてメーカーさんに問い合わせてみました。
メーカーさんのお話を要約すると

******************

本物の桜花・桜葉のペーストで作られたパウダー。
焼き菓子や、パンに生地に混ぜ込むと
「桜色になるのが売り」だそうです。

******************

 

色は着色料によるものです。
桜だけでは普通に考えてもピンク色にはならないですものね。

私は桜色のお菓子をつくるときは
「紅麹パウダー」を使って着色します。
はんなりとした、やさしいピンク色になりますよ。

でも、この桜パウダーなら
紅麹パウダーをお持ちでない方でも
手軽に桜色に
できるなと思いました。

桜フレークとの違い

よく似た商品に桜フレークがあるので
違いをお聞きしてみました。

桜フレークは、桜の花をフリーズドライにしたもの。
熱に弱いため混ぜ込みに使うと色があせるそうです。

トッピング用にするといいってことですね。
桜がふわりと香る桜色のトッピングにおすすめです!

桜パウダーの使い方

桜の風味は、本当にほんのりです。
少量だとほとんど分からない気が、、その点については

「量を増やしたからといって風味は増すわけではない。」
とのことでした。

お菓子によっては、桜エッセンスや、桜リキュール
桜の花の塩漬け刻んで入れるなどして
他の桜素材と併用した方がより桜感を出せると思います。

 

使い方は、粉類と一緒に混ぜ合わせます。
粒子が細かいでキレイに混ざりましたよ。

桜のスノーボール
桜のチーズケーキ
桜のスポンジ生地

パイオニア企画さんのホームページにレシピがのっていました。
加える目安などを参考にされてみては?

液体への混ぜこみについては

「ゼリーは溶けきらない可能性がある。
実際に混ざるかテストしたことはない。」
 
とのことで、テストしてみました。

 

2層のゼリーー部分に桜パウダーを混ぜたらちゃんと溶けました。

次に生クリームに混ぜてみました。
キレイに溶けて、少し薄いですが淡い桜色になります。

また、桜ラテを作ってみましたが
ほんのり桜風味になって春気分を味わえましたよ~

桜パウダーを購入されるときの参考になれば幸いです。

 

パリでも買えない「和モダンフランス菓子」
徳島特産品と、材料セットの配送つきオンラインレッスンは

動画で好きなときに気軽に学べる、動画プラン

お菓子をおしえて3年以内の先生や
お菓子をシゴトにしたい方のための
製菓理論を学べるマンツーマンプランがございます。

オンライン講座の詳細こちらから。

タイトルとURLをコピーしました