クリームをキレイに絞るコツ ロザスを上手に絞りたい!

受講生さんのお声

生クリームで、ロザスの絞りが苦手

キレイにできなといのご相談をいただきました。

 

メールでアドバイスさせて頂いたところ

翌日には劇的に、キレイに絞りに!

生地やクリームを絞ったら、

キレイな形に絞れない。

可愛くないし。。

不器用だし、こういうの苦手なんだよね・・

どうやったら、もっと上手くなるんだろう?

 

と思ったこと、ありませんか?

 

私はお菓子づくりを始めた頃、

ずっと思っていました。

 

特別、器用な方ではありませんので、

今でも得意ってわけではありません。

 

でも、正しいやり方を知って練習すると

絞れるようなりましたので、

ぜひチャンレジしてみて下さい。

さて、どんなアドバイスを

差し上げたのか? 一部をシェアします。

ロザス絞りって何?

お悩みは、星口金で絞る、

“ロザス”という、

バラみたいな形の絞り方です。

講座の中では、絞り出しクッキーの回で、

ロザス絞りが出てきます。

 

ご相談の、状況の細かい説明から

✔丸くしたいのに楕円になる。

✔下のクリームがつぶれる。

 

の2点が主な悩と受け取りました。

 

送ってもらった画像数枚を

見る限りでは・・・

 

直径は整っているので、

「同じ大きさに絞る」点はクリアされているよう。

ロザスを丸く絞りたいのに楕円になる理由

原因は、口金の動かし方にあります。

おそらく「の」の字を

しっかり描こうというイメージで、

手を動かしていると想像します。

 

そうすると、

広がった大きな丸になったり、

ゆがみの原因になります。

 

解決策は、

手の動きをもっと小さくします。

 

「の」の字を書くのではなく

小さな丸を絞るような動きです。

そうすると、コロンとした可愛い形になります。

絞ったときに下のクリームがつぶれる。

口金とオーブンシートの距離が、

近すぎていませんか?

画像の絞りは、平べったい印象です。

絞ったときに気持ち、

ためるようなイメージで、

高さを出す意識で絞ります。

 

つまり、もっと厚みを出す、ということです。

 

ためる、というのは、

口金より大きなドットを絞る時に

少し力を強めて、

クリームの直径を大きくするイメージ。

 

絞りの強弱をコントロールするのは

少し難易度が上がりますので練習が必要です。

 

 


目からウロコ。

自分だけでやみくもに練習しても

クセとかで堂々めぐりでうまくならないけど

ちょっとアドバイスいただければ

抜け出せますね!

コツが分かったから練習します。

やみくもに、自力で練習しようとすると

堂々巡りになりがちですが、

 

今までになかった

視点を知って、イメージを変えるだけで

あっという間にできたり

抜け出せることがあるんです。

 

ピンポイントでお悩みを解決できるのは

マンツーマンサポートならではのスピード感です。

メルマガ登録

 

幸せつなぐメルマガに登録する

プロフィール紹介
幸せつなぐパティシエ
とくもと さとこ

フランス菓子をベースに、
徳島素材を使ったお菓子づくりをご提案しています。

お菓子教室17年目。
のべ3800人をご指導してきました。

全国から受講できるオンラインお菓子教室運営。
お菓子を仕事にしたい方向けの、
理論+実践の知識を学べる講座を開催しています。

とくもと さとこをフォローする
オンライン講座

 

■マンツーマンプロコース
製菓理論×和モダンフランス菓子(商用利用)

■動画レッスンコース
和モダンフランス菓子・材料配送つき

■単発動画レッスン
季節のレシピ動画レッスン

LINE登録


毎週 月・金にお届け
ご質問も気軽に 1:1トークで直接対話

受講生さんのお声お菓子作りのコツ製菓理論
徳島素材のフランス菓子教室 製菓理論 オンラインお菓子教室 マンツーマンレッスン 動画レッスン アトリエ エス リエゾン
error:
タイトルとURLをコピーしました