お菓子づくり オーブンに入れるタイミングの違い

受講生の質問Q&A

お菓子をオーブンで焼くタイミングについて
質問がありました。

*********************

作ってすぐにお菓子をオーブンに入れる生地と、
寝かせてから入れる生地、2つありますが
このタイミングの違いは、どこで判断しますか?

*********************

という内容にお答えします。

作ってすぐにオーブンで焼く生地とは?

すぐにオーブンに入れる生地の代表といえば、スポンジ生地です。

ふわふわと気泡を含んだスポンジ生地を
すぐにオーブンに入れることで、ふんわりと焼き上げます。

卵の気泡を利用してふくらませるからです。

シフォンケーキも同様です。

メレンゲを加えたり、卵の気泡を含んでいる生地は、
時間を置くと気泡がしぼんで、ふくらまなくなります。

出来上がってすぐに、タイミングよくオーブン入れられるように
オーブンの予熱をしておきます。

作ってからねかしてオーブンで焼く生地とは?

それに対して、マドレーヌやクッキー生地は、
時間をおいても全く問題がありません。

卵の気泡が入ってないからです。

むしろ、寝かせた方が素材同士が馴染んだり、
グルテンが落ち着くので良い状態になります。

天板が小さくて1度に焼けないときは
時間を気にすることなく、分けて焼くことができます。

クッキー生地などは、まとめて作っておいて
翌日や、翌々日に焼く、ということもできます。

動画でご覧になりた方はコチラ

お菓子を教えたい教室の先生に向けて、
作業の中の疑問点をクリアにして、
自分で流れをつくり、迷わずに作れるようになる、
マンツーマンレッスン開催しています。

徳島の特産素材=日本の素材をいかす
「和」×「フランス菓子」の和モダンフランス菓子

オンライン講座の詳細はこちらから。
https://onlinelesson-atelier-s-liaison.com/?blog

メルマガ登録

 

幸せつなぐメルマガに登録する

プロフィール紹介
幸せつなぐパティシエ
とくもと さとこ

「趣味のお菓子づくりからプロの仕事に変える」
をコンセプトに
お菓子を仕事にしたい方向けのお菓子教室を運営。

製菓理論をしっかり身につけながら
「日本の地元素材を生かす」にフォーカスした
お菓子づくりを学ぶことで、

・オリジナルレシピ生み出すスキル
・失敗の原因を自分で解決するスキル
・安定した仕上がりの再現するスキル

を身につけます。

「売れるお菓子」を開発し、
お客さまに届けるまでをゴールにサポートしています。

お菓子教室18年目。
のべ3800人を指導してきた経験を生かし

特に「おひとりさまお菓子起業」を
目指す方へのサポートに力を入れています。

第2の人生を充実させたい方を応援します!

とくもと さとこをフォローする
オンライン講座

 

■マンツーマンプロコース
製菓理論×和モダンフランス菓子(商用利用)

■動画レッスンコース
和モダンフランス菓子・材料配送つき

■単発動画レッスン
季節のレシピ動画レッスン

LINE登録


個別メッセージのやりとりに。

受講生の質問Q&A製菓理論
徳島素素材のフランス菓子教室 製菓理論 お菓子を仕事にしたい方向け オンラインお菓子教室 マンツーマンレッスン 動画レッスン アトリエ エス リエゾン
error:
タイトルとURLをコピーしました