徳島県鳴門市 お菓子教室 白砂糖を使わない!体に優しい素材でつくる、ごきげんスイーツレッスン Atelier S Liaison アトリエ エス リエゾン
  • HOME »
  • プロフィール

プロフィール

ごきげんスイーツ コンシェルジュ
Atelier S Liaison主宰 
とくもと さとこ

 

1971年生まれ 徳島出身 徳島在住

お菓子教室Atelier S Liaison 主宰

エミールカルチャー&マルチスペース 講師 
菓子・料理講座 担当

 

身体にやさしい、白砂糖を使わないお菓子を提案する、
徳島県鳴門市の、お菓子教室です。

~現在リニューアル、準備中です~

 

・スイーツを楽しみたいけど、太るのが気になる。
・健康のために、砂糖などを控えたスイーツを楽しみたい。
・スイーツを食べると罪悪感を感じる。
・通常のスイーツを楽しんできたけれど、よりヘルシーなものへ切り替えたい。
・身体に負担の少ない甘味料や、植物油脂、米粉などに興味があるが、扱い方が分からない。
・ご家族や、お子さまに、健康的なスイーツを作りたい。

 

そんなお悩みを抱えた方が、
身体に負担が少ない、お菓子作りを身につけることで
スイーツを心から楽しめるようになり、
日々を豊かな気持ちで、
より健康で、美しく!
過ごせるようになる、お手伝いをさせていただきます。

 

お砂糖や小麦粉、バターを使わない、
というのではなく、
研究を重ねて生まれた、
美味しさを保つ、最小限の量に控えた
身体にやさしいスイーツをお伝えします。

 

健康への配慮を優先するあまり、
美味しさが二の次になるのではなく、
ご提案したいのは、
美味しくて、心も満たされる、
満足感のあるスイーツ。

 

何より大切にしているのは “おいしさ” です。

 

また、チョコレート教室では、
ショコラティエのように作れる
ボンボンショコラのコースも予定しています。

最近はカカオ分の高いチョコレートが手に入りやすくなりました。
チョコレートは、糖質が低めで健康効果が高く、
低糖質スイーツ作りにも欠かせない素材です。

 

 

 

 

 

 

“ごきげんスイーツ”ができるまで

~華やかで美しいフランス菓子に憧れた時代から、
身体にやさしいお菓子作りに至る想い~
 

●お菓子作りを始めたきかけ
 
学生時代にたまたま手にとった、1冊のフランス菓子の本でした。
 
本に載っているような、華やかで可愛いお菓子が作れるようになりたい、
いつかフランスに行って、お菓子を習ってみたいな。
 
 
そんな夢を持ち、学生時代は、数々のお菓子教室に通っていました。
結婚後もお菓子作りは続き、
もっと専門的に学びたいという想いが高まったいたタイミングで、
ル・コルドンブルー神戸校が開校。
本格的に学ぶために入学し、菓子ディプロマを取得しました。
 
 
●お菓子作りに浸った日々

卒業後、お菓子教室をオープン。
最初は、友人たちを中心に、紹介制で少人数のレッスンをしていました。
 
 
 
パリでお菓子を習うため、フランス語学校にも通い、
ついに念願だった、パリの製菓学校で研修も受けるようになりました。
毎年フランスの地方を訪れて、地方菓子巡りをすることが、ライフワークになっていました。
まさに、お菓子に浸った日々を過ごしていました。
 
 
当時作りたかったのは、フランスのお菓子屋さんで売っているような、
美しく洗練されたケーキ。
また、素朴ながら味わいのある、フランスの地方菓子にも魅力されていました。
 
教室では、フランス菓子をベースにしたテクニックと、
製菓理論を、お菓子の背景と共にお伝えすること。
【ご家庭で本格的なお菓子が作れるようになる】
をコンセプトにしたレッスンを行っていました。
 
 
 
大好きなお菓子を、仕事にできることの喜びを感じながら、
10年以上お菓子教室を続けてこれたことは、生徒さんあってのこと。
通って下さった、多くの生徒さんに恵まれたおかげだと、
心より感謝しています。
 
 
 

 

 

●心の変化、そして考えさせられる出来事
 
私自身、可愛く美しいお菓子は大好きですが、
甘過ぎるお菓子は、あまり得意ではありません。
 
なのでレシピも全般的に、甘さは控えめにしていました。
それでもお菓子作りには、お砂糖やクリームをたっぷり使います。
 
 
試作も含めると、常に甘いものがある環境に置かれていました。
そのような食生活が長年続いたところ
40代に入った頃から、体形の変化が気になり出しました。
糖質を摂り過ぎているせいか、気付けば体重は右肩上がり。
 
 
 
そのため、身体のことを考えて
レッスンまでの期間が、少し空いた時などに、
自分のために、低糖質のお菓子や、米粉を使ったものを作っていました。
 
その時感じたのは、身体が喜ぶ感覚です。
軽くてたくさん食べても胃にもたれないのが心地よかったのを覚えています。
 
 
 
そんな折、実家の祖父が糖尿病になりました。
長い闘病生活が続き、今はもう旅立ってしまったのですが。
 
祖父は、特にあんこなど、甘いものを好んでいました。
でも病気で食べられなくなり、当然私の作るお菓子全般は
身体のことを思うと、すすめられませんでした。
 
 
 
その時、改めて色んなことを考えさせられました。
 
自分は何のために、お菓子を作っているのだろう?
 
私や生徒さんが、家庭のキッチンで作るお菓子は、
誰に届けるために作っているのだろう?
 
それはきっと・・・
家族や、大切な人に笑顔になってもらいたいからではないでしょうか。
 
 
 
家族や大切な人の口に入るものは、
安心・安全で、身体にやさしい材料で、
健康的なものでありたい。
 
私自身、お菓子作りを5年・・10年先と、ずっと続けていくためにも
身体に負担の少ないお菓子作りに
取り組みたいという、想いが芽生えました。
 
 
 
●からだに優しいスイーツの誕生
 
課題は“美味しさ”でした。
 
いわゆるマクロビ風のスイーツは、
満足感がなかったり、正直美味しいと思えないものが多くあったので。
 
そこで、今まで作ってきた、フランス菓子などを、
見た目はそのままの美しさで、身体に負担の少ないレシピで美味しく作れないだろうか?
という試行錯誤が始まりました。
 
 
 
単に材料を置き変えるだけでは、生地がつながらず、
失敗することも多くありました。
そのつど、なぜそうなったか?を分析しながら、試作を繰り返しました。
 
 
 
その結果、辿りついたのは、
砂糖や、卵、バターなどを一切使わないというのではなく、
身体に負担の少ない材料に、置き換えていく方法です。
 
例えば、白砂糖を茶色いお砂糖や、血糖値を急上昇させない甘味料に
置き換えていきます。
ゆるやかな糖質制限といったところでしょうか。
 
お菓子としての、コクや美味しいバランスを保ちながら、
満足感のある味に仕上げます。
 
何より大切にしたのは、“美味しさ”です。
 
 
 
そうして出来上がったのは、
軽やかで美味しい、だから、また食べたい!
と思える見た目も本格的なお菓子です。

子どもからお年寄りまで皆にすすめられて、
“ごきげん”になれるスイーツ、という想いを込めて、
“ごきげんスイーツ”と名付けました。
 
そんなお菓子作りは、
あなたの周りの人の大切な人を、必ず幸せにします!
笑顔をつなげていくお菓子作りだと信じています。
 
 
 

 

 

 

 

***経歴***

ル・コルドンブルー神戸校 菓子ディプロム取得。 

フランス・パリの製菓学校ベルーエ・コンセイユや
ル・ノートルにて研修を受ける。

フランスの地方菓子に魅了され、
お菓子を訪ねてフランス各地を巡る。

ベトナムやアジアの食に魅了され、アジア各地を巡る。

教室を続ける中で、チョコレートに魅了される。
チョコレートの様々な研修を受け、カカオ農園を訪問。

インナービューティー発酵食クリエイター
インナービューティー美腸マイスター

 

2006年
フランス菓子を中心とした、お菓子教室 Atelier S Liaisonをオープン。

フランス菓子をベースにしたお菓子、フランス地方菓子、
世界各国の様々なスイーツを、
家庭で作りやすいレシピにした、お菓子レッスンを開催。

2014年
お菓子と料理のサロンAtelier S Liaison として
料理教室(ベトナム料理などのアジア料理が中心)を始める。

これまで教えた人数、のべ約3000人。

 

2018年
身体にやさしい白砂糖を使わないお菓子教室として
リニューアル、準備中です。

 

 

企画イベントでのお菓子を担当。
イベントでの菓子販売。
FMびざん ラジオ番組Jeudi-Huitにゲスト出演。
タウン情報誌 レシピ提供。
パナソニックコラボ企画 スチームオーブンレンジ「ビストロ」を使った、
ビストロ料理教室。徳島教室を担当 
美馬の食材を使ったコラボディナー調理補助を担当 他

 


Liaison(リエゾン)
とは?

仏語で「つながり」を意味します。
美味しいお菓子は、人を笑顔にして、心をつなぐ。
お菓子からつながる楽しみを、多くの皆さんと共有したい、
あなたのキッチンから、たくさんの笑顔を
つなげていって欲しい、という願いを込めました。

 

ごきげんスイーツコンシェルジュ
とくもと さとこ

PAGETOP