生クリームは何を基準に選ぶ?添加物が入る3つの理由

製菓材料

前回の記事では

生クリームで賞味期限が

長いものと短いものがあるのはなぜ?

について、

2種類の生クリームがあること、

タカナシ、森永、雪印の原材料の表示の

違いをお伝えしました。

 

続いて、生クリームになぜ添加物が使われるのか?

純脂肪の生クリームは何を基準に選ぶ?

について、考えます。

生クリームに添加物が入っている3つの理由

新品の生クリームを開けたらモロモロしていた

なんて経験ありませんか?

 

余分なものが入ってない、

クリームを買ったとき、

私は何度か当たったことがあります。

 

これは、輸送中の振動などが原因。

 

生クリームの乳化状態が崩れるとこうなります。

 

 

それくらい生クリームは

デリケートってことです。

 

そういうリスクを防ぐためにも

安定剤・乳化剤などの添加物が加えられているんです。

 

生クリームに添加物を

加えることで3つの効果があります。

 

・分離しにくくなる(乳化を安定)

・賞味期限が長くなる(保存性の向上)

・保形性がよく扱いやすくなる(作業性を高める) 

 

ちなみに、一般的には

乳化剤や安定剤が入っているからといって

味は落ちないと言われています。

 

この点については、

同じ製品で食べ比べした経験が無いので

本当かどうかは知りませんが・・

 

味の違いは、原料や製造法によるものが大きいそう。

生クリームは何を基準に選ぶ?

個人的によく使うのは

タカナシさんの生クリームです。

味が好みで、

近所のスーパーで入手できるからです。

欲しい生クリームがあっても

ネットで毎回お取り寄せとなると

送料も、日数もかりますので。

 

お住まいの地域で、入手しやすい製品の中から

探されるのが現実的かと思います。

 

 

味の好み、原材料にも目を向けて

目的に合った製品を選んでみて下さい。

 

生クリーム選びの参考になれば幸いです。

 

 

メルマガではお菓子づくりのお役立ち情報

レッスン最新情報などをお届けしています。

\お菓子づくりのヒントが見つかる/
メルマガ登録

 

幸せつなぐメルマガに登録する

プロフィール紹介
幸せつなぐパティシエ
とくもと さとこ

通わず学べる!オンラインお菓子教室
Atelier S Liaison とくもとさとこです。

徳島の特産素材を生かす材料配送つきフランス菓子講座。
お菓子を仕事にしたい方、先生向けの
製菓理論が分かるマンツーマンレッスン。

「苦手」が「できる」に変わる。
個人によりそうお菓子づくりをサポートしています。
 

とくもと さとこをフォローする
オンライン講座


■New! 季節のレシピ動画レッスン

■徳島素材×フランス菓子 動画レッスン
ベーシックコース+材料配送つき

■マンツーマンプロコース
製菓理論から学ぶフランス菓子(商用利用あり)

LINE登録


毎週 月・金にお届け
ご質問も気軽に 1:1トークで直接対話

製菓材料製菓理論
徳島素材で作るフランス菓子 オンラインお菓子教室 アトリエ エス リエゾン
error:
タイトルとURLをコピーしました