実家の畑に夏がやってきました。
 
すいか、ナス、トマト・・
 
タイバジルは、種が自然と落ちて、
今年もこのとおり。
繁殖力の凄さと言ったら!
 
 
 
夏は少し水やりをしただけでも、
汗だくですね。。
 
 
そんな時は、すいかの果肉を
おろし金ですりおろし、種をこして
すいかジュースで水分補給します。
 
 
 
 
汗をかいた後のすいかジュースは
ひときわ美味しくって。
暑さがスーッと引いていくよう。
 
 
飲みきれないすいかジュースは、
煮詰めると、
天然の甘味料になります。
 
 
すいか糖です! 
 
 
作り方は簡単。
鍋でひたすら煮詰めるだけ。
アクを丁寧にとりながら煮詰めると、
雑味のない黄金色になります。
 
 
 
 
私は1/10くらいに煮詰めて
使いやすいとろみ加減にしてますが
お好みで構いません。
 
 
まろやかな甘み。
クセも少ないので、幅広く使えます。
 
 
先日は、寒天とフルーツを
ガラスの器に盛り付けて、よーく冷やして
スイカ糖をかけていただきました。
涼やかな夏のデザートにぴったり。
 
 
 
 
 
スイカ糖の嬉しい効果は他にもたくさん。
 
利尿作用があるので、
むくみを改善し、
身体の熱を冷ましてくれたり。
 
腎臓の働きを良くすることでも
知られていて、古くから
家庭の妙薬として作られてきました。
 
 
 
ただ、煮詰める時間や手間がかかるわりに
出来上がる量は少ない。。
 
だから、作る人が減ってきたのかも??
 
 
スイカは、夏ならすぐ手に入ります!
食べきれない時などに、
チャレンジしてみてはいかがでしょう?