フレンチの巨匠 アラン・デュカス氏の
パリ発 チョコレート専門店。

 
 
日本初上陸とあって、
今年オープンした、大注目のお店です。

少し前に、日本橋のお店へ伺ってきました。

 
 
 
中2階のカフェスペース
ル・サロンで、デザートを頂きました。
 
 
 
ミルフィーユです。
パイ生地が、驚くほど軽やか~
カカオの風味が豊かで
甘さを控えた、繊細な味わいです。
 
 
 
Kakigori 抹茶&ショコラ
 
運ばれたきた、ドーム状のグラニテに、
抹茶のソースが注がれます。
中には、様々な味と食感が隠れていて
かき氷がお洒落なデザートに♪
 
器のデザインや絵柄もステキです。
 
 
 
 
ガラス張りの窓から
1階の工房が眺められて、作業風景が見えます。
 
 
 
黒やオレンジで統一されたサロンは
すみずみまで洗練されていて
落ち着く大人の空間です。
 
 
 
デザートを楽しんだ後は、1階のブティックへ。
スタッフの方が付いて、
丁寧に説明して下さいます。
 
 
上質なチョコレートは
タブレットで味わいたい派なので、
ひとかけらずつ、試食させていただいたきました。
 
 
産地によって個性が
はっきりと違う。
食べやすいものから、
スモーキーで個性的な味まで、さまざま。
 
 
 
 
 
 
選んだのは、ノンコンチングのタイプ。
 
ノンコンチングとは、
滑らかな口溶けにしないで、
あえて、カカオの粒子を残したタイプです。
 
 
粒子のザクザク加減が、絶妙。
最近、たまらなくクセになっています 笑
 
 
 
チョコレート業界を
リードしている国と言えば
はやり、フランス。
 
 
いつかパリのお店に
行ってみたいものです。