付け合わせ用に蒸していた、
さつま芋で、おやつを作ってみたら
美味しく出来きたので、
 
簡単レシピを公開♪
 
 
見た目は、まるでお店で売ってる
高級トリュフ!
 
でもね
なかみは、イモなのよ~~
 
女性にうれしい、食物繊維がいっぱい。
 
甘みは、はちみつ15gのみ。
 
全部15だから覚えやすいでしょ?
 
罪悪感なく食べられるスイーツです。
 
 
 
 
**さつま芋のトリュフ**
 
■材料 約 11個分
 
美味しいさつま芋・・・150g
はちみつ・・・15g
くるみ・・・15g
レーズン・・・15g
 
 
ダークチョコレート・・・適量(100g程)
カカオパウダー・・・適量
ココナッツファイン・・・適量
 
 
■作り方
 
Step 1 材料を下ごしらえして混ぜる。
 
① さつま芋を輪切りにして、
  竹串がスーッと通るまで蒸す。(ゆでてもOK)
  ボールに入れて、フォークで粗くつぶす。
  ◆食物繊維は、実より皮の方に多く含まれます。
    私は、細かく刻んで加えました。
 
 
② くるみは、160度のオーブンで10分ローストして刻む。
  レーズンを刻む。
 
 
 
 
③ ①のボールに、くるみ、レーズン、はちみつを
  加えて混ぜ合わせる。
  1個 15gに丸める。
 
 
 
Step 2 チョコレートをコーティングして仕上げる。
 
① ダークチョコレートを、出来るだけ細かく刻む。
  600wの電子レンジにかけて32℃に溶かす。
  10~15秒おきに出して、こまめに混ぜる。
  一部が高温にならないよう注意し、出す、混ぜるを繰り返す。
 
 
② さつま芋のボールをチョコレートでコーディングして、
  カカオパウダー又は、ココナッツファインをまぶす。
  冷蔵庫で冷やし固める。
 
 
 
 
出来上がったトリュフは
“パーチ”と呼ばれる、
グラシン紙のカップに入れると、
高級感がでますよ~
 
 
今回は、電子レンジを使った簡単な方法で
チョコレートを溶かしましたが、 
テンパリングをとって行うと、
より良い舌ざわりに仕上がります。
 
 
テンパリングについては、
秋にスタートするチョコレートのコースで、
理論と技術を詳しく学べます。