今日は五節句の一つ“人日の節句”。
朝に七つの野草を入れた、七草粥をいただく日です。
不足しているビタミンを補ったり、
年始のご馳走で、疲れ気味の胃腸を癒す、
先人の素晴らしい知恵です。

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、
ほとけのざ、すずな、すずしろ
子供の頃は、道端やあぜ道などに普通に生えていて、
なずな(ぺんぺん草)の穂を、くるくると回して、
音をならし、遊んだことを思い出します。
朝は七草粥を作りました。

白いお粥に、鮮かな緑がよく映えて。
早春に芽吹く、生命力あふれる七草を取り込んで、
心も身体もぽっかぽか〜♪
一年、健康に過ごせますように。