「ブルーべりーを自分で収穫して、ジャムを作りたい!」
そんな夢を叶えるべく、ブルーベリー狩りに行ってきました
友人たちと車に乗り合わせて、脇町の吉田農園さんを訪問
日差しのまだ柔らかな、朝のブルー畑

青空をバックに、鈴なりに実をつけた木々が並びます
手のひらに数個のブルーべり―をのせて、いっぺんに口に入れるのが、
美味しい食べ方なんだとか? さっそく試しました
粒が弾けて、甘酸っぱさがお口いっぱいに広がりました!
こちらの畑は、有機JASの認証を取得している、
無農薬のブルーベリー
だから、そのまま頂いても安心なのだそう

手袋、腕カバー、首部分の日よけネット着き帽子なるものをお借りして、
さらに虫除けスプレーふりまいて、ズボン着用
3人そろって完全防備の出で立ちです

カゴいっぱい 2キロ以上の収穫でした!
ひと汗かいた後は、山羊のお乳と放し飼い鶏の卵で作った、
奥様お手製のブルーベリー蒸しパン、
それからジャムもご馳走になりました
冷えたブルーベリーシロップが、ほてった身体に染みわたります
ビワの葉をむしゃむしゃ食べる山羊さん
その愛らしさに、ちびっ子たちはもちろん、大人たちも笑顔に

地下水が散水されて続けているお庭は目にも涼やか
塀の向こうは田んぼビュー! 
田んぼを通り抜ける風が、地下水のカーテンをくぐり抜けて、
クーラーいらずの涼しさです

お砂糖を一晩まぶしておいたブルーベリー
美しい紫色です

瓶詰して、ブルーベリージャムの完成です