「最後までおいしく食べられる」
を、お菓子のレシピを考えるとき大事にしています。

そのコツの1つが「食感のコントラスト」をつくる
ということです。
どういうことか、具体的にお伝えしますね。

ほわっとやわらかいケーキ生地
パリッとしたシュー
サクサククッキー
ぷるんとしたゼリー…

ひとくちに食感といっても
いろんなものがありますね?

例えば先日NHK徳島で紹介した
ブルーベリーのクランブルケーキ

バターケーキの部分は
しっとりソフトな、ほわっとした食感。

そこに、ブルーベリーの
ジューシーな果肉感。

サクッとした「クランブル」

3つの違う食感があるから
ジメジメした蒸し暑いときでも
重めのバター生地が、
ペロリと最後まで食べられるのです。

このお菓子の場合
主役になるのはバターケーキ。

ポイントは、
主役に対してことなる食感をプラスするんです。

もちろん、すべてのお菓子に
あてはまるわけではありませんので
1つの工夫としてです。

食感のコントラストを意識してみるだけで
アレンジ上手になれます。

1月メニューの味噌ショコラの中には、サクサク食感を入れたり…

私の講座では、
アレンジできることをふまえた内容
12ヶ月の中にちゃんと組み入れてあります。

「クランブル」もそんなパーツの1つ。

6/12 15:00~15:20 instagramライブをします!
テーマは、そぼろ状のクッキー「クランブル」

簡単とはいえ、経験が少ないと

「ひとかたまりになった」
「粉っぽい」

などお悩みをいただく生地です。

けっして主役になるわけじゃないけど
お菓子の“おいしさ”つくる名脇役!

ぽろぽろにするワザ無料ライブで、
ぜひマスターしてくださいね。

番組レシピでは、
フードプロセッサーでのやり方でしたので
ライブでは、手で作る方法を紹介します。

リアルタイムですと、ノーカットで見られて
質問もできます。
アーカイブをご覧になりたい方は
LINEやメルマガにご登録ください。

本日は、
最後までおいしくペロッと食べられるお菓子は
食感のコントラストを意識してみよう!
についてお伝えしました。

インスタライブのお知らせ1分動画です