お菓子づくりをしていると
「2番生地」という言葉を聞くことがりませんか?

お菓子づくりならではの用語で、
初めて聞く方は何の生地??
と分からないこともあります。

お菓子の世界にいると、あたり前のように
使っていても一般の方には
馴染みのない言葉です。

2番生地とは何か?1番生地との違い、
どのように扱えばいいか、についてお伝えします。

2番生地とは?

クッキーやパイをつくるときに、
型抜きしたあと、半端な生地があまりますよね?
 
これらとひとまとめにして、
再度型抜きして使うとき、
この生地を2番生地とよびます。
 
2番生地に対して、最初に作った生地を
1番生地と呼ぶことがあります。

2番生地と1番生地の違い

2番生地は、こねたりのばしたりする回数が多くなります。

そのため、小麦粉のグルテンが出たり
1番生地にくらべて状態が劣っているため
1番生地とは区別して考えます。
 

食感が変わってしまうので
こだわる方は、1番生地しか使わない
というのも1つの考えです。

でもお家で食べるし、そこまで気にされないなら
クッキーなどは、型抜きして焼いてしまっても構いません。

2番生地どうしてる?3つの扱い方

お家で扱うときは3つの方法があります。

1つ目は、保存しておいて、
新しいクッキー生地を作るときに、
2番生地を混ぜ込んで使う方法です。

2つ目は、おまけのおやつを作ります。

例えば、パイ生地。
余ったパイをネジネジとして焼くと
サクリスタンというお菓子になります。
 
余り生地で作ったリメイク菓子とは
思えない、わざわざでも作りたいほどの大好物です!
3つ目は、食感がかたくなったり
膨らみにくくなった、2番生地の特徴を生かして、
お菓子のパーツにします。
例えば、パイ生地をタルトタタンの底生地につかってもいですね。

まとめ

まとめると、2番生地は

型抜きなどしたあとに残った半端な生地のこと。

1番生地と区別して考えましょう。

新しい生地に混ぜ込む、
リメイクして別のお菓子にする、
2番生地の特徴を生かしたお菓子のパーツにする。

などして使ってみてください。

お菓子の先生になれられる方は、
2番生地について、伝わるように説明できるといいですね。

 

この内容を動画でご覧になりたい方はこちらから。

徳島には生産者さんが想いを込めてつくる
素晴らしい素材がたくさんあります。
 
徳島特産素材=日本の素材をいかす
こだわりの和モダンスイーツ。
 
日本全国からオンラインで学べる材料配送付きのレッスン。

マンツーマンプランは、
お菓子を教えたい方に向けた
理論を知りながら基礎がわかるレッスンです。

https://onlinelesson-atelier-s-liaison.com/?blog