お菓子づくりを始めるときに
そろえたい必須道具。

前回は、ボウル編をお伝えしました。

今回は、ホイッパーの選び方です。

泡立てるとき、
生地と生地を混ぜ合わせるときにも
欠かせないホイッパー。

長く使えるものをそろえておきたいものです。

家庭で使いやすいサイズの選び方
おすすめメーカーをお伝えします。

徳島のオンラインお菓子教室
Atelier S Liaison
幸せつなぐパティシエ

とくもとさとこ  です。

ホイッパーはフランス語で〇〇と呼ぶ

ホイッパー(泡立て器)は、
フランス語で、フエ(fouet)と言います。

何だかキュートな響き。

「ホイッパーで泡立てる」は
フエッテ(fouetter)

パリへお菓子の研修に行っていた頃
レシピはフランス語。

フエッテの単語を見付けると
知っている単語と単語をつなげて
「混ぜるんだ!」と工程が予測できる。

何とか置いてかれずにすみました~

ちなみに、
泡立てた生クリームのことを
「クレーム・フエッテ」と呼びます。

「クリームを泡立てる」で、意味そのまんま!

聞きなれないフランス語も
こう覚えるとスーッと入っていきませんか?

ホイッパー選びで押さえたい3つのポイント

お菓子づくりに適した、ホイッパーを使っていますか?

押さえたい
ポイントが3つ
あります。

ホイッパー選び3つのポイント

・丈夫で耐久性がある。
・ワイヤー本数
・ボウルに合うサイズ


ワイヤーがしっかりして

丈夫なものは
10年、20年……と使えます。

安価なものは、すぐ歪むことがあります。

ワイヤー本数は
細かく言うと使い分けはあるのですが
7~8本を選びます。

ホイッパーおすすめメーカー

私が愛用しているのが
ホテイ印(寿菓工精器)のホイッパー。

柄とワイヤー部分の重みの
バランスがとれているので
手が疲れにくい。

対面レッスンの実習でも使っていました。

プロの現場でも定評がありますので
迷ったときはコレで決まり!

ホイッパーのサイズ選びで最も大事なことは?

次に考えるべきは、サイズです。

#8 #9 #10……
番号が大きくなるほど全長が長くなります。

サイズ選びで最も大事なのは
ボウルとのバランスです。

ボウルの直径に対して
ホイッパーの全長が、
1.3~1.5倍の長さを目安に選ぶと
使いやすいですよ~

家庭のお菓子づくりで
よく使うボウルのサイズに合わせると……

ボウルとホイッパーのサイズ

直径18㎝ ボウル

全長24㎝ ホイッパー(#8)

直径21㎝ ボウル

全長27㎝ ホイッパー(#9)

直径24㎝ ボウル

全長30㎝ ホイッパー(#10)

が、ベストなバランス!
参考に選んで下さいね。

私は各サイズ持っていますが、
よく使うボウルが、直径20㎝以上。

なので、
#9をオールマイティーに使います。

ホテイ印以外にも
色んなメーカーがあって、
全長のサイズも色々です。

実際に柄をもってみて、
自分の手にしっくりきたものを
選ぶと良いと思います。

ミニホイッパーが便利!

小さな容器で、
ゼラチンを混ぜ合わせたり

クッキーに入れる卵をほぐしたり

ちょっとしたものを
混ぜたい時に便利
です。

フォークや箸で混ぜるより
ムラになりにく、短時間で混ざります。

こちらは100均ショップで。

卵を溶きほぐす程度なら
十分、お役目をはたしてくれますよ!
無印良品のもおすすめです。

お菓子づくりを始める方がまず揃えたい基本の道具5選
動画でもご紹介しています。


人生初の素材に出会える!
動画とLINEで完全個別指導 “通わず学べる” オンライン講座

好きを仕事にしたい方へ商用利用プランあり

詳細はこちらから
https://onlinelesson-atelier-s-liaison.com/?blog