すだちシロップの作り方を、動画にしました!

1年中、スーパーで見かけますが
なかでも9月ごろ、本来の時期にとれるすだちは
風味も香りも抜群!

仕込むなら「今でしょ!」なんです。

動画を作るにあたって
いろんなやり方をテストしました。

早く飲めて、おいしく仕上がる方法を紹介します。

徳島のオンラインお菓子教室 Atelier S Liaison
幸せつなぐパティシエ
とくもとさとこ  です。
 

すだちシロップはお菓子づくりにも大活躍

徳島の秋を告げる柑橘、すだち
8~9月、実家のすだちがたくさん実をつけます。

冷奴や、焼いたサンマ、そうめんにキュッと絞ったり。
徳島の人は何にでもかけるって?
ホントです!! 笑

保存食はもちろん、
お菓子づくりにも “使える” 万能の柑橘なんです。

すだち仕事の中でも、
とりかかりやすいのが、すだちシロップ。

「すだちゼリー」や
焼き菓子にシロップを染み込ませたり。

お菓子づくりにも重宝するから
ぜひ作ってみて!

保存ビンの殺菌消毒をしよう

ジャムなどもそうですが
保存食づくりにも欠かせない作業です。

シロップづくりだと、大きなビンのはず?

きれいに洗って、熱湯で殺菌したあと
アルコールスプレーをかけます。
ガラスは温度差に弱いので注意して下さいね。

完全に水分を乾かしておきましょう。

私は洗ったあと、
100℃くらいのオーブンに20分入れて
殺菌・乾燥します。

状況に合わせて
やりやすい方法で構いません。

パッキンなど、高温にできないものは
アルコールスプレーでOK。

忘れがちですが、
トングなど使用する道具も、
殺菌しておいてね。

すだちシロップの作り方

レシピです。

すだち 500gは皮をむいた正味の重さ。
750gのすだちを用意します。

皮をむくとだいたい500gです。

すだちを洗って水分をふきとります。

小さなナイフで、果皮をむきます。

コツ
シロップが苦くなる原因は皮。
取りのぞくひと手間で
どなたでも飲みやすくなりますよ。

白い部分は残っても構いません。

輪切りにして種をとります。
素手でさわらないためにも手袋をします。

よく切れる包丁でスパッと切ると
繊維がつぶれません。
厚さは7~8mmくらいでしょうか。

種とりは、小さいナイフや竹串などが便利。

すだちと氷砂糖を交互に重ねるだけ。
最後は氷砂糖を重ねます。

はちみつを入れます。

はちみつを入れると
若干発酵しやくなるのですが
シロップが短期間で上がります。

保存は、常温の直射日光があたらない冷暗所で。

氷砂糖があらかた溶けたら
冷蔵庫で保管しています。

3~4日ほどで
シロップが上がってくるので
私は冷蔵庫に入れます。

氷砂糖のみだと7日くらいかかるかな?

左 1週間後
右、1日後

すだちが浮いてくるので
室温に置いているとき、1日1回は混ぜます。

炭酸や水で割って
すだちレモネードのできあがり!

すだちの実も一緒入れて
ぜひ召し上がって下さい。

露地物のすだちは、実もジューシーで格別!

ハウスものは
苦みが強いことがあります。
煮物などに使うといいですよ。

ちなみに、竹ストローはベトナム製。
自然素材が、手作りシロップに似合う。

冷凍したすだちでシロップを作ったらどうなる?

以前、作ったとき
冷蔵庫にすぐ入れると
シロップの上がりが、かなり遅くて。

2ヶ月たっても
氷砂糖が溶けきらず。
シロップを先に飲み切ったことがありました。

待ち時間は最短に、
とにかく早く飲みたーーい!

そこで、テスト的に試したのが
冷凍したすだちで作ること。

理論上では、
冷凍により、すだちのの繊維が壊れやすくなり
早くシロップが上がるはず。

予想どおり、たった1日で、
シロップが上がりました!

飲んでみると、お、おいしい~!

ところが、
冷凍してないものと同時に比較すると
違いがハッキリ分かりました。

冷凍しない方が上品。
味がまろやかで、雑味がありません。

冷凍すると、一気に水分が抜けるせいか
苦味?雑味?
も出てしまうのでしょうか。

この差が、氷砂糖で時間をかけて
「あえてゆっくり浸透させる」
意味なのだと納得です。

どうしても急ぐときは以外は
冷凍しないことをおすすめします。

【動画】すだちシロップの作り方 

所用時間:6分17秒

 

徳島特産スイーツオンライン
すだちを使ったスイーツの回では

徳島特産すだちを、材料セットと共に直送します!

すだちとの出会いが
日々の暮らしをより豊かにする
きっかけになれば何よりです。

お菓子づくりのヒント

レッスンの最新情報を、真っ先に知りたい方は
メルマガにぜひご登録下さい!
↓↓↓