ゼリーなどを、ぷるんと固める凝固剤 “アガー“

ネットで注文しようとしたら
色んな名前があって、何が違うの?

どれを買うべきか迷ったこと、ありませんか?

名前の違いは、メーカーの違いです!

 

実は、メーカーによって
固まり方・透明度が違うことをご存知ですか?

4メーカーの比較で分かったこと
私のおすすめアガーも発表します!

動画もありますので、
最後までぜひご覧下さいね♪

 

徳島のオンラインお菓子教室 Atelier S Liaison
幸せつなぐパティシエ
とくもとさとこ  です。
 

アガー大さじ1は何g?メーカー比較

アガーの代表的なメーカーを選びました。

 

パールアガー8 ㈱富士商事
ぷるるんアガー 松木寒天産業㈱
クールアガー 新田ゼラチン㈱
イナアガー 伊那食品工業㈱


粒子を比べてみよう!

あれ?

ハッキリ分かるほど粒子の粗さが違っています。

特にイナアガー。
他メーカーに比べて粒子が細かめ。

気になったので
大さじ1は何gか?はかってみました。

イナアガー  9.4g
ぷるるんアガー 7.6g
パールアガー 7.3g
クールアガー 6.7g

という結果に。

大さじ・小さじで計量すると
メーカーによって誤差が出るってことです。

アガーは少量の違いで、固さが変わります。

一定の固さにするためにも
「g」で正確に計量した方が良いのです。

アガーの固まり方 メーカー比較

液体量に対してアガー4%の
白ワインゼリーを作ります。

 
固める強さ・模様の出方を
確認できるように
高さのあるカヌレ型を使いました。
 
 
*あくまでも一個人の感想です。
品質を決定するものではありません。
 

弾力・固さ

番号が大きいほど固くなります。

①パールアガー8
②クールアガー
③イナアガー
④ぷるるんアガー
 
・ぷるるんアガーは固め。
・クールアガー・イナアガーはほぼ同じ。
・パールアガーはやわらかめ。
 
という結果でした。
 
固さはアガーの量で変わるので
特徴を知っていると、調整できます。

透明度・光沢

 
 
パールアガー
クールアガー
イナアガー
 
は同じくらい。
透明度が高く、光沢があります。
 
 
ぷるるんアガーは
わずかにですが、濁っているように見えます。
 

食感・口溶け

パールアガー 左
ゆるく固まるので、保形性はよくないですが
弾力があって、つるんとした喉ごしがいい。
ジュレ・飲むゼリーなどに良さそう。
 
 
イナアガー 右
ぷるんとした弾力はありつつ
口の中で早めにほぐれて溶ける。
口溶けの良さが、ゼラチン寄りの食感。

 
クールアガー 左
こんにゃくゼリーをやわらかくしたような食感。
口の中での滞在時間がある分
ゼリーの味を濃く感じられる。
程よい弾力と固さで、バランスがいい。
 
 
ぷるるんアガー 右
固めで、歯切れがいいい。
寒天に近い食感。
保形性がいいので、型抜きに向いている。
 

私のおすすめアガー、ベスト1はコレ!

以上の結果から
私が選んだ、おすすめベスト1アガーは・・・
 
 
 
ドドドドドドドドド・・
(ドラム音)
 
 
クールアガーです!
 
 
選んだ理由とポイントです。
 
・程よい固さ・透明度・光沢がある
 
・ぷるんとした弾力・食感の
 バランスがいい。 
 
・作業性の良さ
(溶かしたら分かります!)
 
・自立するチャック付き袋が便利。
 見た目もよく保管しやすい。
 
 
ちなみに、
ナンバー2は、イナアガーでした。

同時に比べるからこそ、
新しい発見がありました!
 
 

【動画】同じアガーでもメーカーで違う!

文字だけ伝わりにくいので、動画にしました。
 
所用時間:5分
 

 
 
オンライン講座では、
このような比較実験などを通して
受講生さんに理論を深めてもらっています。
 
お菓子づくりに、ぜひお役立て下さい。
 
 

お菓子づくりのヒント

レッスンの最新情報を、真っ先に知りたい方は
メルマガにぜひご登録下さい!
↓↓↓