もうすぐスタートする
“おうちで旅する”徳島特産スイーツ
オンライン講座のお菓子を
大阪で撮影してもらいます。

只今、怒涛の勢いで仕込みをしております~♪

 

持参するのは、なんと17種類のお菓子!

はじめは、
2回に分けて撮影する予定でした。

が、お菓子は多いほど、
撮影側にとって表現の幅が広がるらしい。

何より、全メニュー並ぶなんて夢のよう!
想像するとワクワクしたので全種類作ることにしました。

徳島のオンラインお菓子教室 Atelier S Liaison
幸せつなぐパティシエ
とくもとさとこ  です。
 

お菓子づくりは段取りが9割

こうなると、
大切なのは「段取り」

段取りが8割・・いえ、9割かも?と思います。

まずは材料の手配。

仕込みは、
10日くらい前からスタートしました。


✓ 冷凍しておけるお菓子。

✓ 直前に仕上げるお菓子。

に分けます。

全パーツを書き出して、作業を細分化。


つまり、
仕事を細かい「タスク」に分ける作業です。

次に日付ごとに
スケジュールに落とし込みます。

やるべき事の、優先順位を付ける。

 

あとは動くだけ!

いよいよ最終日がきて、クライマックスってわけです。

このような段取りの考え方は、

手作りのお菓子をプレゼントしたいときや
オンラインレッスンの受講にも

置き変えられませんか?

なるべく直前に、

✓ 生のフルーツを飾る。

✓ 生クリームを絞る。

✓ 生菓子、グラスデザートの製作

グラス・アローは前日にかけました。

下につかない、無造作な垂れ具合に
こわだって~笑

ただキレイ映える写真が撮りたいわけじゃない

講座のテーマと想い。

届けたい相手。

表現したい世界観があります。

むしろ、
ただキレイで映える写真を撮りたいだけなら
もっと簡単なんです。

 

そうではなく、撮影いただく方と

いかにイメージをすり合わせられるか?

共有できるか?

ココ、めっちゃ大事なんですよ!!

 

お皿や小物の選定。

スタイリングも事前に打ち合わせして
具体的に描きます。

すだちや柿の木など、実家から調達してスタンバイ。

段取りがあるからこそ、
やるべき事が明確になって
迷わず動ける。

その結果、
上手くいって1日で撮影が叶います。

終われば、ホームページなどの画像も
リニューアルできるので

ようやくーー!って感じです。

撮影の様子など、メルマガで
チラ見せしますね。

 

 

メルマガではお菓子づくりのお役立ち情報

レッスン最新情報などをお届けしています。

\お菓子づくりのヒントが見つかる/

無料メールレッスン♪ 

メルマガご登録はこちらから

https://atelier-s-liaison.com/mail-magazine/?blog