板ゼラチンを戻したら

溶けて分量が減って、お菓子が固まらない!

なんて経験ありませんか?

 

後から追加するとしても

正確な分量が分からないので、困りますよね?

 

板ゼラチンは何℃の水で戻すべきか

ぬるま湯だとどうなるのか?実験してみました。

正しい戻し方、戻す温度についてお伝えします。

板ゼラチンをふやかすときのポイント

「板ゼラチンを今、水につけました。」

「冷水ですか?」

「いえ、冷えてないですが・・冷水ですか!?」

 

ゼラチンを使うメニューの、オンラインレッスンでの会話。

 

板ゼラチンは、

下準備で「戻す」という工程があります。

 

板ゼラチンを水でふやすときの大事なポイント

それは・・・

「しっかり冷えた、たっぷりの冷水」でふやかすこと。

 

常温の水道水で、戻していませんか~?

ゼラチンあるある、と呼んでおります~~笑

 

 

板ゼラチンは、

水の温度が高いと

溶け出してしまうので、分量が減ってしまう。

 

結果、お菓子が固まらない失敗に

つながる原因になります。

ぬるま湯で板ゼラチンを戻すとどうなる?

ぬるい湯で戻すと

どうなるのか、実験してみました。

 

左は25℃。7月の水道水の温度。

右は氷を入れて、3~5℃をキープした冷水。

板ゼラチンを入れて10分放置。

 

夏場の水道水って、20℃を超えてきますので

ぬる~い状態です。

5分程で、25℃の方は

かなり柔らかくなっていました。

 

手でぎゅっと水気を絞ったら

やわらかく、ぬるっとしていて

手の熱もあってか、ちぎれてしまいました。

 

一方、冷水の方は、

やわらかくふやけているけど

固さがあり、しなやか。

ぎゅっと絞っても、板状を保っています。

板ゼラチンを戻す温度は何℃?

このことからも、

20℃を超える夏場の水道水のまま戻すと、

溶けてしまうことが分かりました。

 

では、何度なら良いでしょう?

板ゼラチンは、10℃以下の冷水で戻します。

その際、重ねて一度に入れると

ゼラチン同士がくっついてしまって

均一に戻らないことがあります。

 

1枚ずつバラして入れましょう。

 

ちなみに、粉ゼラチンでも構いませんので

使い慣れている方でOK。

板ゼラチンだと

1枚の分量がだいたい決まっているので

計量の手間が省けるメリットもあります。

 

 

さて、秋にスタートする新講座

 
日常なのに非日常
パリでも買えない 和モダンフランス菓子
“おうちで旅する” 徳島特産スイーツ 
 
オンラインレッスン
 
 

体験会メニューが決まりました♪

すだちのレアチーズケーキ。

めちゃくちゃ爽やか~

レアチーズケーキ好きとしては、1年中食べたい。

お店みたいなプチガトーに仕上げます。

 

こちらもゼラチンを使うので、

マンツーマンで凝固剤について学べますよ^^

募集スタートまでお待ちください。

 

 

メルマガではお菓子づくりのお役立ち情報

レッスン最新情報などをお届けしています。

\お菓子づくりのヒントが見つかる/

無料メールレッスン♪ 

メルマガご登録はこちらから

https://atelier-s-liaison.com/mail-magazine/?blog