味噌スイーツって

召し上がったことありますか?

 

 

オンラン講座の味噌を使ったケーキです。

 

 

SNSにアップしたら

「美しいー」

「どんなお味か食べてみたい!」

 

など多くの方が

興味を持って下さったよう。

 

 

味噌の塩味が、まるで塩キャラメル〜

 

和テイストになり過ぎないよう

あくまでも洋菓子にしたかったので

 

味噌×バナナ×チョコレート×ピーナッツ

の組み合わせです。

味噌の塩気とか

おいしいバランスの着地点を見付けるのに

試作を繰り返して、

ようやく完成しました~♪

 

 

ご縁のつながりをあらわす「七宝文様」は、

古来から受け継がれてきた

味噌のイメージと重ねて。

 

教室名でもある、Liaison=つながり

と同様に、お菓子から

人のご縁がつながる願いを込めました。

 

チョコレートの生地って

作ったことがある方なら分かると思いますが

 

チョコレート油脂で

気泡がつぶれて、重くなりがち。

 

ですが、今回新しく発見した製法なら

初心者さんでも、

失敗せずふわふわになります!

長年お菓子づくりをしていても

発見はいっぱいあって。

 

だからこそ、飽きないし

探求したい!伝えたい!

が原動力になっています。

 

ケーキに使った味噌は

創業から140年。

ご近所さんでもある、井上味噌醤油さんのもの。

 

普段から、長年使っているお味噌で

先日伺ってきました!

秋ごろになれば出る予定の、

木樽で5年以上熟成させた味噌を

特別に試食させてもらいました!

 

 

パリの展示会に行ったときに

フォションの料理長さんが来られて

パリコレと、ルイヴィトン、

ワイン教会の食事会で

 

「ワインとマリア―ジュする料理で使いたい。」

依頼を頂いているお品だそう。

 

上手く表現できませんが、

八丁味噌と、黒にんにくを混ぜような?

深みのある味わいでした。

 

どの味噌がスイーツに合うか

試して、最終的に白味噌にしました。

「糀だけの甘みでつくらる生の白味噌は少ない」そう。

 

普段のお料理には、常盤味噌もおすすめです。

 

 

フランスでも買えない

和モダンなフランス菓子。

 

準備中の、スイーツのサブスク・オンライン講座では

モノづくりと真摯に向き合う

徳島の生産者さんの素材を

お菓子に仕立てて、ご紹介していきます。

 

 

 

メルマガではお菓子づくりのお役立ち情報

レッスン最新情報などをお届けしています。

\お菓子づくりのヒントが見つかる/

無料メールレッスン♪ 

メルマガご登録はこちらから

https://atelier-s-liaison.com/mail-magazine/?blog