メレンゲには種類あることをご存知ですか?

フレンチメレンゲ

イタリアンメレンゲ

スイスメレンゲ

 

その中の1つ

イタリアンメレンゲ

をとりあげます。

どんな使い道があるのか?

活用方法についてお伝えします。

イタリアンメレンゲとは?

今月はタルト3種のレッスンをしました。

すだちのタルト

上に絞っているのがイタリアンメレンゲ。

略して「イタメレ」と呼ばれます。

 

受講生さんは全員、作るのが初めて。

ドキドキ・・・
緊張感ありながらの

チャンレジになりました。

そして嬉しいことに

「イタリアンメレンゲがすごくおししい!!」

と好評です^^

というのも、

すだち風味で、甘すぎないオリジナルレシピ。

 

「イタメレの利用方法を、教えてもらえますか?」

と質問がありました。

 

イタメレは

砂糖と水を煮詰めた、熱々のシロップを

卵白に加えて泡立てるメレンゲです。

ツヤっぽく、密度が詰まった質感。

 

熱々のシロップのおかげで

卵白が殺菌されます。

完全な殺菌とはいえないと思いますが

生で食べられるます!

イタリアンメレンゲで、ケーキがプロの仕上がりに!

しっかりした、かたさががあるので、

タルトの上に絞り出したり

デコレーションに使えます。

特徴は何と言っても

バーナーで焼き目をつけられること!

真っ白なメレンゲに、

濃淡の焼き目が映えてキレイ。

一気にプロっぽい仕上がりでしょ?

 

バーナーをお持ちでない方は

オーブンで焼くのもあり。

均一に焼き目がついてまた違った印象です。

イタリアンメレンゲは、まだまだ活用できる

バタークリームとかムース

に加えると軽さが出ます。

保形性があって、泡がつぶれにくいから

 

スフレグラッセみたいな冷菓や

シブースト呼ばれるケーキにも使います。

要するに

生で食べるものです。

 

あと、マカロンですね。

イタメレのマカロンは

表面がツルっとした仕上がり。

 

 

お菓子づくりが上達してきたら

イタメレにもぜひチェンレジされると

表現の幅が広がるはず!

 

とはいえ、どこかで習う機会がないと

自発的にチャレンジするには

ハードルが高いイメージがありませんか?

 

 

お菓子づくりの新しい世界を

のぞいてみたい方は、もうすぐスタートする

オンライン講座で学べます。

 

 

メルマガにて先行案内をいたします。

\お菓子づくりのヒントが見つかる/

無料メールレッスン♪ 

メルマガご登録はこちらから

https://atelier-s-liaison.com/mail-magazine/?blog