シルパン・シルパットが、ちょうどよい大きさがない。

天板からはみ出てしまう

切っていいのかな?

と悩むことありませんか?

私は切って15年以上使っています。

切って使いづづけたら、どうなるのか?

切る前に試して欲しいことをお伝えします。

 

シルパン・シルパットをカットせず使う裏技

自宅の天板にピッタリサイズは

なかなか無くて、

たいてい大きすぎたり、小さ過ぎたりって多いですよね。

切る前にまず、試して頂きいのが、

ひっくり返した天板に置いてみて下さい!

はみ出ても、オーブンに入ればOK。

少し大きいくらいなら、

これで解消します!

 

実はこのご相談は

オンラインレッスンでいただいたもの。

受講生さんはこれで解決しましたよ~良かった!

カットして使い続けたらどうなる?

私は、
天板サイズに合わせてカットしています。

ただ、メーカー側の奨励としては

「カットせずに使ってください。」

となっています。

理由としては

繊維がほつれてきたり、
コーディングがはがれたりと
耐久性が悪くなるから。

ただ、私が長年使った結果、

問題は出ていません。

左から15年、3年・・

切ったことによる不具合はでていません。

 

少しほつれていますが、

15年以上たった今でも、普通に使っています!

これだけ持てば十分では?

 

 

もし可能なら、色の濃いふちの部分を

カットした方が、耐久性は良いとされています。

 

切るのは少し勇気がいりますが、

大きすぎて使いにくい場合は

カットした方が、ストレスフリーに使えます。

 

 

現在、教室のリニューアル準備中です。
 
新しいオンライン講座に生まれ変わりますので
どうぞ楽しみにお待ちください。
 
日々のことや、
最新情報は、メルマガでお届けしています。
 
\お菓子づくりのヒントが見つかる/

無料メールレッスン♪ 

メルマガご登録はこちらから

https://atelier-s-liaison.com/mail-magazine/?blog