「カスタードクリームが、ダマダマになりました」

受講生さんからの相談です。

せっかくカスタードクリームを炊いたのに、

・ダマがいっぱい。←今回はココ

焦げてしまった。

・粉っぽい。

などの、経験ありませんか?

 

4回に分けてお伝えします。

今回は、ダマができる原因について。

 

4月1日は、日本では“エイプリルフール”。

フランスでは

“ポワソンダブリル”といって

魚の形をかたどったお菓子を楽しみます。

 

パイに詰めているのは

たっぷりのカスタードクリーム!!

 

フランス語では、

クレーム・パティシエールと呼びます。

 

直訳すると、

“お菓子屋さんのクリーム”という意味。

 

講座では、必ずマスターしていただく

お菓子にはかかせない、基本のクリームです。

 

 

ダマダマの原因は?

卵黄と砂糖のすり混ぜ不足です。

 

卵黄は加熱すると、65℃から固まり始めます。

はじめに、砂糖と混ぜておくことで

熱で卵黄が凝固するのを、遅らせることができるんです。

 

 

卵黄に加える順番は、必ず砂糖が先。

粉類は後から加えます。

 

間違って、粉類を先に入れると・・・

卵黄中の水分によって、ダマができる原因になります。

混ぜるときは、

ただ合わせるだけじゃなくて、

すり混ぜていますか?

 

すり混ぜると、自然と空気を含みますので

卵黄への火のあたりが、やさしくなるんです。

 

作業の手順には、1つ1つ意味があります。

 

 

今まで電子レンジでしか

カスタードクリームを

作ったことがなかった、という受講生さんからは

 

「全然違います!

これからは鍋で炊きます!」

 

とおっしゃっていただけました^^

 

 

対面レッスンでは、銅鍋を使っています。

さらに美味しく炊けます。

 

プロの道具に触れていただくこと、

ちゃんと炊いたカスタードクリームの

おいしさを、体感いただける機会にしたいから。

 

 

メルマガ読者さんにはお知らせしましたが、

5月、2、3 4日に

ベーシック講座、

3日間の、対面集中レッスンを開催します。

 

実際に触れていただく

貴重な機会になるはず。

 

少人数・人数限定

最初で最後、今回限りのスペシャルなレッスンです。

もうすぐメルマガにてご案内しますので登録の上お待ち下さい。

 

次の記事では、

『カスタードが焦げてしまった。』

というお悩みについてお伝えします。

 

 

\お菓子づくりのヒントが見つかる/
ごきげんレター 無料メールレッスン登録で、

『卵1個でふわふわスポンジ生地』小冊子

期間限定でプレゼント中

https://atelier-s-liaison.com/mail-magazine/?blog