『シュー生地がしぼんでしまいました。』

ショックですよね~

受講生さんから届いた画像とレポート。

しぼんでしまう、負のスパイラルに入って

悶々とした経験ありませんか?

 

ご自宅のオーブンの温度調整を見極めるコツ

ついてお伝えします。

 

こんにちは。

白砂糖を使わない
ごきげんスイーツ教室
とくもとさとこ です。

 

 

同じ、しぼむ、と言っても

オーブンから出したとたんに、
しぼんだのか?

焼いている途中でしぼんだのか?

によっても原因は変わりますし。

 

作る過程でも、しぼむ原因になる

ポイントが複数あります。

 

シュー生地はちゃんと出来た、という場合は、

 

焼成温度が適温でない

ケースが考えられます。

 

 

例えば、190℃とひと口に言っても

ご自宅のオーブンによって

クセや温度差があるんです。

 

 

シュー生地に限らず、

レシピの温度はあくまでも目安。

 

 

温度ではなく、

「時間を基準にして」

焼く温度を調整するのがコツです。

 

 

例えば、

190℃で30分とレシピにあったら・・

色づきが薄ければ、

10℃上げて30分焼いてみる。

 

焼き色が濃くて焦げていたら、

10℃下げて30分焼いてみる。

 

というように、

温度で調整します。

必要におうじて、

焼成途中で温度を変えながら

適温を探してみてください。

 

大切なのは、

レシピの数字よりも仕上がりの状態です。

 

どんな状態に焼き上げたいのか?

到達点のイメージを明確にしてから

 
焼くことが、おいしさへの近道です。

 

 

オーブンによっては、

何も悩むことなく、

キレイに膨らんで焼き上がって

1回で大成功される方も。

 

一方で、全く同じ手順で

レシピ通りに、何度やっても上手くいかないと、

苦労されている方もいます。

 

いったい何をなおせば成功するの?

相談できる人がいない。

 

という状態の方でも、

一緒に原因を探して

改善&試す、を繰り返して

安定して成功できる!

状態へと変化されています。

 

 

あなたに合った、ピンポントでの

アドバイスをしますので

実践してもらえると、最短で叶います!

最初で最後の?スペシャル企画

5月2、3、4日の3日間で予定している

集中対面レッスンでは

直にお伝えできる貴重な機会。

 

 

4月に入ったらメルマガ内で、募集開始します。

 

受講されたい方は、メルマガ登録の上

日程を開けてお待ち下さい。

 

モヤモヤがワクワクに変わる90分
ごきげんスイーツ

オンライン体験会の詳細はこちらから▼

https://atelier-s-liaison.com/taiken-online/?blog

 
 

 

\お菓子づくりのヒントが見つかる/
ごきげんレター 無料メールレッスン登録で、

『卵1個でふわふわスポンジ生地』小冊子

期間限定でプレゼント中

https://atelier-s-liaison.com/mail-magazine/?blog