前回につづき

美味しいチョコレート菓子をつくるには
上質なチョコレートを選ぶこと。

 
上質なチョコレートとは?
 
「信頼と鮮度」で選ぶ。
 
前回は「信頼」
今回は「鮮度」につてお伝えします。
 
 
 
 
 
自己流のお菓子が6ヶ月でプロの仕上がりに変わる
白砂糖を使わない!ごきげんスイーツ教室
 
とくもとさとこです。
 
 
 
3年前、1人でベトナムのカカオ農園を訪ねました。
 
 
 
 
きっかけは、
ベトナムのダナンのセレクトショップで出会った
 
ベトナム初のBean to Bar『マルゥ』
 
チョコレート。
ベトナムの地域ごとに、全く個性が違う。
 
衝撃を受けました!
 
 
↑2019年に行った、阪急百貨店のチョコレートのイベントでも
出店されていました。
 
 
『ベトナムのカカオ農園へ行ってみたい!』
 
 
そして翌年、叶えました。
 
IMG_3868.JPG
 
ホーチミン市から車で2時間半くらい。

ドンナイ省の、大手のカカオ農園

Trong Duc Cacaoへ。
 
IMG_3815.JPG
 
 
一面に、湿った落ち葉でおおわれていて
歩くごとに足が沈む。
収穫されたカカオの実は
1カ所に集められます。
 
IMG_3856.JPG
 
 
ここで数日間、熟成させたあと
カカオ豆を、木箱に入れて発酵させます。
 
上にかぶせているのは、バナナの葉。
 
IMG_3873.JPG
 
部屋は、ものすごい発酵臭!!
 
 
豆のまわりの、白いパルプの糖分が
アルコールに変わって
発酵がすすむと、豆の温度が上がり、
豆が濃い色に変化します。
 
 
 
そう、チョコレートは、
発酵食品なんです!
 
 
天日で数日間、乾燥させます。
 
IMG_3889.JPG
 
 
しっかり乾燥したカカオ豆は
麻袋に詰めて運ばれます。
 
 
IMG_3905.JPG
 
 
訪れたカカオ農園は売店や
カフェスペースがあって、
 
 
チョコレートはもちろん
カカオワインや、カカオパウダー
など、加工品が作られていました。
 
 
IMG_3947.JPG
 
 
場所はかわって、ベンチェ省。
 
家族経営の小さなカカオ農園です。
 
IMG_4050.JPG
 
カカオは、幹に直接実のなるユニークな植物。
 
 
中には、白いパルプに包まれた
カカオ豆がぎっしり!
 
 
IMG_4062.JPG
 
 
ライチみたいな、爽やかな味がします。
 
 
ベトナムのカカオは、
フルーティーな酸味が特徴。
 
 
カカオ農園でしか飲めない、
幻の自家製のカカオ酒。
 
 
ご馳走になりました!!
 
 
すごく貴重なお酒。
頼めば、瓶に入れて分けてくれます。
 
 
IMG_4119.JPG
 
 
ベンチェ省のカカオは
数年前までは品質が高くて
面積はベトナム最大だったそう。
 
 
IMG_4085.JPG
 
ですが、
台風被害や害虫の発生で
 
カカオ豆の価格が下がったこと、
 
カカオ農家が減ってしまったことなど
 
ガイドさんから聞きました。
 
 
IMG_3962.JPG
 
 
最終日は、あのマルゥへ行ってきましたよ~!
 
偶然、奥の席で座られていて。
ガイドさんが機転をきかせて
私のことを紹介下さり、ご挨拶できました。
 
 
日本に輸入されたカカオ豆は

丁寧に加工されて、おいしいチョコレートに。
 
 
Bean to Barのチョコレートに出会って
 
チョコレートは鮮度が大事!!
 
と気付きました。
 
 
 
 
次の記事では、
 
②高温で溶かさない。
 
についてお伝えします。
 
 

\お菓子づくりのヒントが見つかる/
ごきげんレター 無料メールレッスン♪

ほぼ毎日、配信しています!
メルマガにご登録下さい^^

https://atelier-s-liaison.com/halloween-pdf/?blog

ごきげんスイーツ
オンライン体験会の詳細はこちらから

https://atelier-s-liaison.com/taiken-online/?blog