バレンタインも近いということで

わざわざでも行きたい!

京都のショコラトリー3選をご紹介します。

 

京都には、

個性あるショコラトリーが多くあります。

 

今はコロナで出かけにくいですが

京都巡りの際に立ち寄ってみては?

 

一番最後のお店が、

個人的には毎マイ・ナンバーワン!

ぜひ最後まで読んでね ^^

マリベル 京都本店

ニューヨークが本拠地の、ショコラトリーです。

細い路地を進んだ奥に入口があって、

期待が高まります!

 

アンティーク風の内装に、

水色とゴールドがエレガントな雰囲気。

気分が上がります!

量り売りの板チョコなど

以前は、試食できる商品が以前は多くありました。

(今はコロナなのでどうかなぁ?)

 

絵柄が楽しい、

看板商品のボンボンショコラも。

持ち帰りの保冷パックには

バラの花びらのサプライズも!

 

 

祇園エリアに姉妹店もあります。

カカオ マーケットbyマリベル 京都

ガチャガチャのようなマシーンから、

チョコボールが出てくる仕掛けがあったり。

地下には秘密のカフェ。

本店よりカジュアルで、

演出が楽しい。

 

マールブランシュ 加加阿365日 祇園店

内装が、とにかく美しい!

細部までこだわり尽くされた、

和モダンな空間。

奥には坪庭がありましたよ。

 

イチオシは、店頭販売のみの、

毎日違う、365日の紋が描かれたショコラ。

並ぶと圧巻です!

 

びっくりするほど口溶けがよくて、

余韻に浸りました。

特別な日のチョコレートや

お土産に喜ばれるものが見つかります。

 

 

アサンブラージュ カキモト

京都に行ったら、絶対に立ち寄る・・

いえ、わざわざでも毎年行っています!

お目当ては、イートインで頂く

食事やデザート。

 

昨年は

コース料理をいただいてきました。

 

こちらは、3年くらい前だったかな!?

シェフのスペシャリテ

ワールドチョコレートマスターズの

国内予選で優勝した一品です。

 

繊細で芸術品のよう。

この感動は、

お店でぜひ体験していただきたいです。

 

ボンボンショコラは形が個性的です。

 

 

他にも、大好きな

ビーントゥーバーとか

京都に行ったら寄るお店はたくさんあります。

またいつか機会があればご紹介したい。

 

 

スイーツもサービスも、

一流に触れると、人生の質が変わる。

人に与えられる『感動の質』も変わる

と思うんです。

 

今年はコロナで以前のように、

あちこち、とはいきませんが

食べて、触れて!

仕入れた感動を、私に関わる人の幸せにつなげて、

ごきげんスイーツのメニューにも

反映していきます。

体にやさしいお菓子を

基本からしっかり学びたい!

という方は、オンライン体験会にご参加下さい。

https://atelier-s-liaison.com/taiken-online/?Blog