土佐文旦のコンフィです。

自家製のコンフィを味わったこと、ありますか?

 

柚子や、文旦、小夏が出回る時期になると

旬のフルーツをコンフィにして

焼き菓子に混ぜ込みます。

ジューシー感! お写真から伝わるかしら?

市販のピールとは比べものにならない

みずみずしい香り。

 

自己流のお菓子を6ヶ月でプロの仕上がりに変える
白砂糖を使わない!ごきげんスイーツ教室

とくもとさとこです。

時短でつくるコンフィだから繰り返しつくりたくなる

受講生さんの中には

「毎年つくります」という方も多くて。

 

先日もインスタに投稿されている方がいて

ずっと作って下さっているんだな~って、嬉しくなりました。

 

本来は、何日もかけてお砂糖を浸透させます。

お菓子屋さんのやり方です。

 

おうちで消費する分には、時短で十分なんですよ~

最短で作れる!
だから、繰り返し作りたくなる♡

 

コンフィの作り方は

ごきげんスイーツオンライン講座6ヶ月、

オンラインのテーマコース
「パウンド型で作る!おうちでカフェ3ヶ月コース」で学べます。

 

フルーツの宝石みたい!コンフィの原体験は南仏

初めてフルーツのコンフィに出会ったのはパリ。

その後、南仏でもっと惹かれました。

 

コンフィ屋さんがあるんです。

 

大きなフルーツが丸ごと!

なんて色鮮やかでキレイんだろう~~

フルーツの宝石みたい。

眺めているだけで

豊かな気持ちになったものです。

 

南仏は土地が豊かでないため

太陽の光をいっぱい浴びたフルーツを

コンフィにしたものや

それを使うお菓子が発達したと言われます。

長くなったので、次のブログでは

そんな原体験があって

コンフィづくりを始めたきっかけについてお伝えします。

合わせてご覧くださいね。

 

 

 

\お菓子づくりのヒントが見つかる/
ごきげんレター 無料メールレッスン♪

ほぼ毎日、配信しています!
メルマガにご登録下さい^^

無料メール講座登録で特典【おうちハロウィンスイーツレシピ】をプレゼント!

ごきげんスイーツ
オンライン体験会の詳細はこちらから

https://atelier-s-liaison.com/taiken-online/?blog