「好きな材料を選んで、自分好みの甘さで
体にやさしいお菓子が作りたい!」

本やネットのレシピ
お菓子教室などで習ったレシピを

自分好みにアレンジしたり、
材料を置き換えて作ろうと思ったこと

きっと、ありますよね?

いつもの材料を変えるだけで、
身体にやさしいお菓子が作れる!
私も実践している、アレンジレシピの作り方
作るときに、注意したいことについてお伝えします。

白砂糖を使わない!
身体にやさしい素材でつくる
おうちのお菓子が、6カ月でプロの仕上がりに変わる!

ごきげんスイーツ教室
とくもとさとこ です。

アレンジレシピを作る前に考えたい、2つのこと

作りたいお菓子をイメージする

最初にどんなお菓子を作るのかイメージします。

さつま芋をたくさん、いただいたから、
さつま芋をたくさん使えるお菓子を作りたい、

とか

あんこが美味しく炊けたから
あんこを使ったお菓子を何か作ろう、

など、創作意欲をかきたてられるきっかけは、さまざま。

ロールケーキを作りたい!
ハッキリ決まっている場合もありますね。

テーマを考える。

テーマとは、
誰に届けたいお菓子なのか?
どのような場面で食べるか?

とても重要な部分になります。

具体的な食べるシーンを想い描いて
届けたい相手を、明確にしてみましょう。

例えば、こんな風に。

・疲れた身体や肌を回復させ、体質を気にする大人の女性向けデザート
・すだちの魅力をPRするお菓子
・手軽にできる、1口サイズのお菓子
・休日の優雅なお友達をよぶ、女子会のお菓子
・小麦アレルギーの子どもが食べらる、グルテンフリーの焼き菓子

実はこれ、
生徒さんが考えた、
アレンジスイーツのテーマを
お借りしました~ 笑

生徒さんのアレンジレピで具体例をあげてみます。

イメージとテーマを絞る。

「疲れた身体や肌を回復させ、体質を気にする大人の女性向けデザート」
を例にあげると

①作りたいお菓子のイメージ
冷やし固めるカップデザート。

②テーマ=誰に届けたいか?
体質を気にする大人の女性。

③テーマ=どんな場面で食べる?
季節の変わり目など、疲れた身体のダメージや
肌を回復させたい時。
ほっと一息つきたい、リラックスしたい時。

かなり、具体的になってきましたね!!

さらに条件があれば、書き出します。

・30分以内でできる簡単なデザート。
・いつ食べるか?当日食べる or 2日後
・材料費はいくらまで?

それに沿ったレシピを考えます。

使う材料を選んでみよう。

次に、イメージとテーマに合わせた材料を選びます。

体質を気にする大人の女性なら・・・

 

豆乳を使うと、イソフラボンもとれる。
・天然甘味料のラカントSでヘルシーにする。
豆乳クリームをつかう。
・女性に嬉しい健康効果がある、抹茶をつかう。

というように、材料が決まります。

 

そして、生徒さんが何度も試作をくりかえして
作り上げたデザートがこちら!

「罪悪感のない抹茶のババロワ」

めっちゃ、ステキでした~~
アッサリめで、でも満足感もあって。

まさに大人の女性が罪悪感なく食べれる!
見た目にもこわだったカップデザートの完成です!!

まずは、基本レシピをアレンジしてみよう!

イメージとテーマが決まって
さぁ、カタチにしていこう!
となったところで、ようやく私の出番です! 笑

はじめは、
「基本レシピ」
アレンジするのが簡単なのでおすすめです。

ごきげんスイーツ基本ババロワレシピで、
アレンジ例で紹介している
抹茶を加えるというやり方です。

慣れてきたら、
生地+ババロワ+ゼリーのように、
組み合わせいくと、バリエーションがさらに広がります。

ただ、お菓子作りは全体のバランスなので
パーツが多くなると、
素材どうしの相性とか、
分量など、考える要素が増えるので
難易度は上がります。

よくある、間違ったお菓子のアレンジ方法とは?

「きび砂糖を、全量メープルシロップに変えて
ヘルシーにしてみました。」

「小麦粉を、大豆粉に変えてみました。」

実際にあった例です。

最近は、小麦アレルギーのお子さんも増えているので

レシピ本にある小麦粉を、米粉に
置き換えたいという方が多いくいます。

そのまま置き変えたら、美味しく作れるか?

というと・・

NOです!
上手くいきません!!

そもそも、粉の性質が全く違います!
(置き換えてよい場合もありますよ。)

素材の性質を知らないと、
米粉のクッキーを
もっとサクサク食感にしたいけれど

何を、どう置き換えたらサクサクなるのか?
分からない。

自分でアレンジしても、美味しくできない、
となってしまのです。


アレンジレシピを作るには、

材料の“正しい”知識・扱い方を
知ることが欠かせません。

加えて、お菓子作りの技術を身につけることで
美味しく作れます。

ごげきんスイーツには、アレンジレシピを作るヒントがいっぱい!

画像は。小麦粉のクッキーのバリエーションを、
比較するレッスンです。

・製法の違い
・バターとオイルの違い
・卵あり、卵なしの違い

何をどうしたら、どんな食感になるのか?
同時に比べることで、すごく分かった!
良かったです!
と生徒さんに、大好評でした。

クッキー作りのコツ、
アレンジレシピを作る際のヒントが詰まっています。

 

手作りの良さは
自分の好きな材料を選んで
自分好みの甘さで
体にやさしいスイーツが作れるところです。

自分なりにアレンジしても
美味しくできない、
置き換え方がよく分からないと
1年後も、2年後も、
同じ所で、ぐるぐる悩み続けることになります。

ごきげんスイーツで学ぶと
6カ月後には、その悩みがスッキリ解消!
次のステップに進めます。

体にやさしいお菓子を日々の当たり前にしたい!
と頑張るあなたを、
私は精いっぱいサポートします。

 

白砂糖を使わない!
身体にやさしい素材でつくる、おうちのお菓子が
6カ月でプロの仕上がりに変わる!

4月からスタートすると
ベーシックコース生を募集します。
まずは、ごきげんスイーツ体験会にお越しください。

https://atelier-s-liaison.com/lesson/taiken/?0228