11月のエミールカルチャーお菓子講座は、
日本でフランスの地方菓子を再現するレッスン
「ガトーバスク」でした。

受講下さった方、ほぼ全員が「ガトーバスク」
食べたことがない!(あまり、売ってないですものね~)
バスク地方は行ったことない!

とのことで。

バスク地方のこと、
ガトーバスクとは?
から、お話させて頂きました。

下に敷いているのはバスクリネンです。

ガトーバスクって何?
という方は前の記事をご覧くださいね。
https://atelier-s-liaison.com/archives/12370/

スイーツの罪悪感からサヨナラ!
身体にやさしいお菓子作りのレパートリーが増える
「ごきげんスイーツ教室」

ごきげんスイーツコンシェルジュ
とくもとさとこ です。

 

ガトーバスクのチェリージャムを炊きました

通常は、カスタードクリームだけ。
又はチェリージャムだけですが、欲張って2層です!

酸味のあるグリオットチェリーでジャムを炊きました。

2㎏! 久々に大量に炊きましたよ~

 

レシピは変化してます

前回ご紹介したのは。
生栗をゆでてペーストにした栗バージョン。

「レシピを見直していると、マロンバージョンは2013年に習ってた!」

再受講された方が教えて下さって。
まさか6年前!ひゃ~ってなりました 笑

 

ガトーバスクは、それ以前からレッスンしているので
本当に好きで、長い間作り続けているお菓子の1つです。

レシピは変化しいて
見直すと、当時の捉え方が反映されていて
懐かしくなります。

今回は、身体へのやさしさも考えて
全粒粉で風味や食感をプラス。
地方菓子の素朴さを大切にしつつ、お菓子として洗練させました。

型を自由に選んで頂いて
大・小いろいろ作りました。

 

 

厚めはケーキ風に。
薄いと半生クッキーみたいな、また違う食感が楽しめます。

 

トレードマークのバスクの十字架 ローブリューを入れました。

受講下さった方のご感想

受講下さった方からはメッセージを頂いたり
SNSに投稿下さったりして嬉しかったです。

頂いたご感想です。

Kさん
すごく楽しかったです。
さとこ先生のスイーツの知識が豊富で
美味しくて途中で顔がニヤけちゃいました。

Bさん
想像以上に美味しくオシャレでした。
生地の食感が最高に好きです。

Mさん
皆でわいわい楽しかった
以前習った時よりさらに身近に感じました。

 

バスク地方にちなんでショコラショーもご紹介

バスク地方と言えば、チョコレート!

スペインからフランスにチョコレートが伝わってきた
玄関口と言われています。

ビアリッツのチョコレート博物館で頂いた
ホットチョコレートが美味しくって。

ガトーバスクを焼いている間に
ショコラショーをご紹介しました。

砂糖なし。
カカオ70%のチョコレートを使いました。
ココアではなく、チョコレートを溶かして練ります。 

 

シンプルですが、丁寧に作ると
滑らかさが全然違うんです!

質の良いチョコレートだと
少量で満足できる深いコクがあります。

今日の気分で
ベリーのガナッシュと
木苺のお酒をほんの少しプラス。

疲れた時に飲むと本当に元気が出ます!

 

どんな型でも。
お好きなジャムをサンドして。
お家で大らかな気持ちで作れますので。

ぜひレパートリーに入れてもらえると嬉しいです!

ご参加下さいました皆さま、ありがとうございました!

 

ごきげんスイーツ1Day体験レッスンは、
下記の日程で開催しています。

次回から、メニューが「ごきげん絹ロール」のみになます。
座学&実験に長く時間をとって深く学んで頂きます。
 
 
体験レッスンにご参加いただいた方だけがもらえる
プレゼンの内容も変わります!
只今準備中ですので
整い次第、体験レッスンのページにアップしますね。
 
開催日
 
11月23日(土)
11月24日(日)
11月28日(木)
 
12月1日(日)
12月12日(木)
12月15日(日)
12月22日(日)
12月19日(木)
12月26日(木)
 
 
お申込みと詳細はこちらから
↓↓↓