お菓子作りで活躍するシリコン型
最近では、100均でも可愛い形がそろいますね。

新しく型を買いたい時
「金属」と「シリコン型」
どちらにしようか、型選びで迷うことはありませんか?

シリコン型を10年以上愛用してきて感じた
メリットデメリットについてお伝えします。

こんにちは。

白砂糖を使わない!
身体に優しい、徳島のケーキ教室
【ごきげんスイーツ教室】
とくもとさとこです。

 

ごきげんスイーツベーシック講座の生徒さんから
日々いろんな質問をいただいて
Facebookグループぺージや、動画でお答えしてます。

今回は、シリコン型について質問がありましたので
シェアします。

生徒さんからの質問にお答えします

Q 質問(要約)

型について教えて下さい。
先日ごきげんスイーツで習った
米粉のフィナンシェを作るため型を探していたら
シリコン製が、簡単で便利そうなので迷っています。
シリコン製ってどうなのでしょうか?

ちなみに、この後・・
おすすめさせて頂いたサイトで
金属のフェイナンシェ型を購入されることを
決められました^^

米粉のフィナンシェを焼くが楽しみですね!

動画でご覧ください。
YouTubeは、始めたばかりですので
チャンネル登録いただけと、とっても嬉しいです。

 

 

動画を見れない方は、文章でご覧ください。

お菓子作り シリコン型のメリット

1. 1つの型で、焼き菓子から冷製菓子まで作れる

2. 曲げることも出来るのでコンパクトに収納できます。

3. 柔らかいので型抜きが簡単。

4. 金属のようにサビる心配がなく、手入れが楽

5. 電子レンジでも使える。

6. 型のバリエーションが多い。

7. オーブンのサイズなどに合わせてカットできる。

 

お菓子作り シリコン型のデメリット

1. 最初は「ゴム臭さ」あり、敏感な人は気になるかも。

2. 熱伝導が悪く、型と接している面は、白っぽくなり焼き色がつきにくい。

3. 焼き菓子は、焼きムラができやすい。

4. 冷製菓子は、金属より冷えるまで時間がかかる。

5. 洗剤で洗っても、油が焼き付くとベタつきが残る。

6. 長期間使わないとホコリが付きやすく、再度洗う必要がある。

7. 油脂の少ない焼き菓子は、型離れしにくい時がある。

作りたいお菓子、用途、お手入れ、収納を考えてご検討下さい。

 

 

ごきげんスイーツ体験レッスンのメニューが
プチリニューアルしていますよ~

数種の米粉から選んで作る、「米粉の絹ロール」
ごきげんスイーツベーシックコースで人気の
「ヴィーガンアイス」を習えます。

詳しくはこちらから
https://atelier-s-liaison.com/lesson/taiken/