あのハーゲンダッツの、カップ入りアイスが
6月から値上げになりましたね~

その背景には、バニラの価格高騰があります。

世界最大のバニラ生産国である
マダガスカルの天候不順が
原因とも言われていますが

ここ5年で、10倍に上がったとも言われています。

 

天然バニラの代わりに、
バニラエッセンスは便利ですが
原料にバニラを使ってないものが多いのを

ご存知ですか?

出回っている多くのものは
人工の香料を薄めていたり
カラメル色素などの
添加物が使われています。

だから正確には
バニラ風味の人工香料と言えます。


そこで、おすすめしたいのが

無添加の自家製
「ヴァニラエクストラクト」

実は、家庭で簡単に作れちゃいます!

天然のバニラビーンズを使った
作り方をご紹介します。

こんにちは。

白砂糖を使わない!
身体に優しい、徳島のお菓子教室
鳴門市の【ごきげんスイーツ教室】
とくもとさとこです。

バニラエッセンスとバニラエクストラクトの違いについて

両方ともバニラの香り付けに使うので、
似ていますが、違うものです。

製法の違い
●バニラエッセンス
バニラの香り成分を、アルコールで抽出したもの。

●バニラエクストラクト
バニラのさやをアルコールにつけて、バニラの成分を抽出したもの。

 

日本で一般的に知られているのは
「バニラエッセンス」ですが

海外のレシピ本では
「バニラエクストラクト」の方が
よく使われています。

私が使うようになったきっかけは
ロースイーツでした。

わりと頻繁に登場します。

使う量の違い
「バニラエッセンス」は
濃縮されているので
数滴でしっかり香りが付くのに対して

「バラエクストラクト」は
小さじなどで、計量するくらい
多い量を加えます。

なので、あっという間に
なくなってしまいます。

 

オーガニックのものや
クオリティの高い、メディシンフラワーは
良いのですが、なんせ高価です。

となると
自分で作る、という選択肢もありです!

無添加なので、安心して使える上に
コスパが良いです。

 

自家製バニラエクストラクトの作り方

ごきげんスイーツのベーシックコースで
お伝えしている内容の一部になりますが、ご紹介します。

自家製バニラエクストラクト

材料

ウォッカ・・・400g
ヴァニラ棒・・・4本

作り方

①バニラビーンズは、容器の大きさに合わせて
長さをカットし、ナイフで縦に裂く。
清潔な密閉できるビンに入れる。

②バニラ棒が完全に浸るところまで、
ウォッカを注ぐ。

最初、ウォッカは無色透明ですが
底の方から色付いてきます。

 

10日くらいから使えますが、
3カ月以上置いた方が香りが良くなり
半年くらいすると
さらに深みのある香りになります。

ラム酒やブランデーなど
アルコール度数40%以上のお酒なら
漬けこめますが、

ウォッカがクセが無くて
オールマイティーに使えるのでおすすです。

 

 

ごきげんスイーツベーシックコースでは
身体に優しいお菓子作りの知識を
お伝えしています。

日々のお菓子は、身体に負担の少ないものを
作っていきたとお考えの方は
ごきげんスイーツ体験レッスンへご参加下さい。


実生活にすぐに生かせるヒントをたくさん
お伝えしています。
https://atelier-s-liaison.com/lesson/taiken/