ゴールデンウィークを控えて気持がウキウキする季節です。

でも環境が大きく変わったり
行事が立て込んで
すでにお疲れモード。。

なんて方も
多いのではないでしょうか?

・何となく体調がすぐれない。

・ダルくてやる気が出ない。

・甘いものが、無性に食べたくなる。

それは、もしかして
「春バテ」かもしれません!

なぜ「春バテ」は起こるのか?
食から見直す「春バテ対策」についてお伝えします。

こんにちは。
白砂糖を使わない!
身体に優しい
徳島県鳴門市【ごきげんスイーツ教室】
とくもとさとこです。

 

春バテは誰にでも起こる

5月病ともよく言われますが
最近では「春バテ」と、呼ばれてるようになって
雑誌やテレビで、特集を組まれているのを見かけます。

私はこの時期、寝ているのに
昼間にめちゃくちゃ眠くなったり
頭痛がしたり。。

という日があり
特集見ていて、この症状
もしかして春バテかも~!
なんて、思ってしまいました。

ある調査では
女性の9割以上が、
「春バテ」を感じているという結果もあります。

だから心配はいりません。

程度の差はあれ
ほとんどの女性に
起こりうることなんです。


ベーシックコースのレッスンより。お庭の花をテーブルに

 

「春バテ」はどうして起こるの?

ズバリ、不調の大きな原因は
自立神経の乱れです!

自律神経には
日中にはたらく「交感神経」

夜に働く「副交感神経」があります。

この2つの神経が
スムーズに切り替わることで
バランスが保たれて
身体を整えてくれています。

環境の変化や
寒暖差などで

春に自立神経が乱れやすいのは
ある意味自然なこと。

だから
焦らなくても良いけれど
不調とはサヨナラしたいですよね!

 

普段から食事のバランスが
崩れがちな人は

もともと自律神経の働きが
弱っていることが多く

ストレスが重なると
ダメージを受けやすくなります。

 

身体がだるい
朝なかなか起きられない
何だかイライラする

こうした症状は
実は「栄養不足」から
きている場合が多いのです。

忙しくて
昼食をおにぎりやパンなどの
炭水化物「だけ」で済ませてしまう。

心当たりありませんか?

この炭水化物に含まれる糖質も
疲れの原因になります。

そして
イライラして甘いものに向かう!

甘いものを食べると
体にどんな事が起こるのでしょうか。

 

甘いものを食べるとなぜ元気になるの?

甘いものを食べると

「幸せ~♪」
「はぁ〜元気がわいてきた!」

と感じたことはないでしょうか。

砂糖や穀物などの「糖質」
最も早くエネルギーに変わる
栄養素なんです。

だから
疲れを感じた時に
砂糖や白い小麦粉をたっぷり使った
甘~いお菓子を食べると

素早く身体が元気に!
なったように感じます。

 

この時、脳内では
やる気や集中力を高めて
快楽につながる神経伝達物質
「ドーパミン」が出ます。

同時に、ストレスを癒してくれて
幸福感を感じる
「β-エンドルフィン」も分泌されます。

聞きなれない名前だと思いますが
モルヒネと同じ作用があると言われる
神経伝達物質の1つです。

 

だから、ほっとしたい時
イライラを落ち着けたい時
悲しみを癒したい時も
甘いものが欲しくなるのです。

この幸せな感覚は
脳にしっかりと記憶されます!

あの幸せ感・癒しをまた得たいと
脳が欲してしまう。

これ以上食べると良くない!
と、理性では分かっていても
どうしても、甘いものが欲しくなる・・

そんな負のスパイラルに
陥っている女性は本当に多いのです。

食べると気分は良くなりますが
それは一時的なものだということを
自覚しておきたいものですね。

 

甘いものを食べると身体に起こる変化とは?

一般的なお菓子屋さんで
最も使われている砂糖って
何だと思いますか?

おそらく

「グラニュー糖」「粉砂糖」でしょう。

つまり、白い砂糖です。

「グラニュー糖」を使うと
お菓子は、キレのよいスッキリとした
甘みに仕上がります。


「粉砂糖」

クッキーなどに使うと
ホロッとした優しい口当たりに
仕上がります。

作業性も非常に良いので
お菓子屋さんでは
用途によって使い分けられています。

 

純度が高く、精製された白砂糖を
使ったお菓子を食べると
素早く小腸に辿りついてブドウ糖に分解されて
血中に運ばれます。

そのため、いっきに血糖値」があがります。

お菓子によく使われる白い小麦粉の糖質も
同じく吸収が早いです。

血糖値が上がり「幸せ〜♪」
と気分がハイになりますが
それは一時的なもの。

すぐに、血糖値が急降下します。

下がると
何だかイライラ、だるい。
集中力がなくる。

甘いものを、脳が再び欲しがるので
食べてしまう。

これを繰り返すのが
白砂糖の「依存性」の怖さです。

気付いたら、砂糖中毒なんてこともあるかもしれません。

血糖値が
ジェットコースターのように
アップダウンする状態は
身体にとって、大きな負担です。

市販のお菓子を、ごきげんスイーツに置き換えよう!

ごきげんスイーツ

甘味料や油を、身体に負担の少ないものに
置き換える知識を学べるレッスンです。

白砂糖以外に、どんな甘味料があるのか?
どんな使い方が適しているのか?

特徴や、セレクトした組み合わせのコツを
ベーシックコースの皆さんは
学んでいます。

お菓子作りに使える甘味料って
実は、た〜くさんあるんですよ!

 

身体は食べ物から出来てます。

何をするにも、まず健康があってこそ。
すべての土台になるのが元気な身体です。

 

食に対して
どれだけ学び、時間を費やしてきたか?
それが、今のあなたの状態を作っています。

 

私は30代まで、甘いケーキに
どっぷり浸った生活を楽しんでいましたが

身体のメカニズムや
お菓子との付き合い方をもっと早く知っていたら

より健康的に付き合えたとと思います。

だから、始めるのは早いほど良いですよ!

良い習慣を、生活に落とし込んでいくことが
本当に大事だと
年齢を重ねて実感しています。

甘いものは好きだけど
身体のことを考えると、不安がある方。

甘いものは我慢しなくても
ごきげんスイーツに置き換えると
安心して楽しめます!

ベーシックコースは8回ですが
たった8回という短い時間で
5年後、10年後のあなたの身体が変わるとしたら
大きな価値のある時間です。

今を変えたい!方のお力になれます。
ぜひ、ベーシックコースにご参加下さい。

ごきげんスイーツベーシックの詳細はこちらから
https://atelier-s-liaison.com/lesson/