4月早々の、お菓子講座です。
庭の桜は満開!
風で舞っていました。
 
 
 
フランスの伝統菓子、パリブレスト
アレンジした、苺と桜のコラボレーション
 
 
バニラが香る濃厚~なカスタードと、
フレッシュな苺。
美味しくないはずがない組み合わせに、
桜のシャンティーをプラスして、
 
苺のバルサミコジュレも
サンドして、苺の瑞々しさを引き立てました。
 
 
 
 
パーツが多くて。
大忙しでした~~
時間が押してごめんなさい。
 
でも、ひと手間かけることで、
美味しさに違いが出ることを
実感してもらえたと思います。
 

シュー生地の実習。

 
 
 
1つ1つの作業の意味と、
しなかった場合、どんな事が起こるかを、
確認しながらすすめます。
 
 
カスタードクリームは、
デモストレーションで、
超・詳しく、解説しました!
 
結果、デモにしてより伝わった!
と感じています。
 
 
 
 
デモと実習、どちらが良いというより
それぞれに一長一短があります。

 

実習は、良くも悪くも、
人によって個性が出て、
仕上がりに差が生まれます。
 
どこかで間違えると、
正しい状態が、分かりにくかったり。
 

落ち着いてメモをとれないので
細かい説明は、右から左へ抜けてしまう・・
なんてことも?

起こり得るので。(^^;

 
 
 
レッスンは、正しい型や基本を知る場だと
考えているので、
それをしっかりと
お伝えできるスタイルを
選択していきますね。
 
 
でも、習ったからと言って、
知っているだけでは、身に付きません。。
 
正しい方法で、
何度も、繰り返し練習することで、
自分のものになっていきます。
 
その際、分からない時は、
頼っていただけると、と~っても嬉しいです!
 
 
レッスンを終えての
ご感想を、たくさんありがとうございます。
 
生徒さまの声を、一部ですが、
掲載させて頂きます。
 
 
Mさん
 
Hさん
 

Kさん
 

Tさん
 
 
ご参加下さった皆さま、
どうもありがとうございました!