粉ゼラチンと板ゼラチン、使い分けしていますか?

お菓子に使う材料の話

「ゼリーを作ろうと、
スーパーにゼラチンを買いに行ったら
「粉ゼラチン」しかありません。

レシピに「板ゼラチン」と書いてあるのでどうしよう?」

使い分けってあるのですか?

というお悩みにお答えします。

家庭でのお菓子づくりに使うなら
「粉ゼラチン」がおすすめです!

どうしてなのか、
私の使い分け方も合わせてご紹介します。

白砂糖を使わない!
おうちのお菓子がプロの仕上がりに変わる!

ごきげんスイーツ教室
とくもとさとこです。

粉ゼラチンを板ゼラチンを使い分ける理由は、扱いやすさ

使いわけている理由の1つは
「扱いやすさ」です。

板ゼラチンって1枚の重さ決まっているんです。
だから
1枚、2枚、みたいに計量しやすい。

なので大量に仕込む、
プロの現場で多く使われます。

一方で、粉ゼラチン。

1g単位から、好きな量を使えますよね!

つまり、家庭で少量のお菓子づくりに便利です。

板ゼラチンだと、カットして
計量しなきゃいけないですよね。

ふやかすために、
冷水の用意も必要ですし。

そんなわけで、
スーパーでは、家庭向きの
「粉ゼラチン」を置いているのです。

板ゼラチンを使うことが多いです。

ちなみは私は両方使いますが、
どちらかというと、
板ゼラチンの方が多いです。

粉ゼラチンは、
少量で試作する時に使うことが多いかな。

実は、粉ゼラチンも
色んなタイプがあって
用途によっても使いわけます。

プロは板ゼラチンが一般的だけど粉ゼラチンも増えている?

とはいえ今は、
プロも、粉ゼラチンを使うことが増えていると
聞くこと多くなりました。

なぜなら、
水分コントロールができるから。

以前、何度か講習を受けたフランス人の
トップシェフも
粉ゼラチンをすすめていました。

フランスでは計量しやすいように、
マスゼラチンという状態にして
キューブ状にカットしたものを使うことが
多いそうです。

初めて聞く方は
全くイメージわきませんよね~汗

確かに便利!!

知った時は、
その方法を採用していた時もあります。
レッスンでも紹介しました。

ですが、途中で家庭向きではないな~と
気付いたのでやめました。

家庭で少量を固めるのか?
カフェで出すのか?
店で販売するのか?

など、状況によって何が扱いやすいのかは
違ってきます。

というわけで、
ごきげんスイーツの生徒さんは

家庭でお菓子づくりをされるので
「粉ゼラチン」がおすすめです!

さらに詳しいことや違いは、
ベーシックコースの
「凝固剤を知ろう!」の回で学べます。

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧ 

ごきげんスイーツオンランベーシックでは

お菓子を自信をもってつくれない初心者さんの
サポートをしています。

自己流のお菓子づくりから
1歩踏み出したい方、

私にも作れた!
という感動を体験したい方は
ごきげんスイーツオンライン体験会へ、
会いにいらしてくださいね!

おうちで旅する徳島特産スイーツオンラインレッスン
 オンライン講座リニューアルのため準備中です。講座の詳細アップまで、今しばらくお待ちください。2021年、もうすぐ募集を開始します!レッスン最新情報・先行案内はメルマガでお届けしています。LINEでは毎週火曜・金曜20:00にお菓子づくりの
タイトルとURLをコピーしました