幻のお茶『天空の山茶』 はこうして作られる! 茶摘みをレポート

徳島の特産素材生産者さん
幻のお茶『天空の山茶』
茶摘みに参加してきました!
 
人生初の体験。
 
昨年、平松製茶工場さんで
「来年はぜひ参加させて下さい!」
と話してから1年ごしです。
 
 
 

人生初の茶摘みへ

早朝 AM8:00からスタート。
 
祖谷山村の有瀬へ。
段々になった茶畑の緑が目にまぶしい〜
 
標高450mからの見晴らしは、まるで絵画のよう。
ウグイスのすんだ声が山に響きます。
 
 
 
到着したら、すでに茶摘みを
されている方々の姿が見えて
期待が高まりました!
 
 
機械が入れない急斜面。
山に自生している無農薬の茶葉を手摘みします。
 
 
 
足がすべって転げ落ちたら…?ヒヤヒヤする山道。
だけど、小学生の男の子も、当たり前にのぼっています。
 
足腰きたえられますね!
 
 
「かたい葉は古いのでさけて。」
「やわらかい上の新芽だけつみます。
かたい茎は入れないように。」
 
 
昨年参加した人から教わりながら
みよう見まねで摘みました。
 
 
茶畑の中にうもれていると、草の香りに全身が包まれます。
 

手摘みで極上のお茶になる

後から知ったのですが「一芯二葉」と言って
1本の枝先から2枚までの柔らかい葉を摘むと
極上の味になるそう。
 
 
「一芯三葉」「一芯四葉」とづづき…
手摘みは、とても贅沢なお茶といわれます。
 
 

虫がいない理由

紫外線も強くなる5月
次からは農作業用の帽子や、長靴など
恰好から整えていくのがよさそう。
 
 
ベテランさんから、2年目、3年目となると
カゴに茶葉がたまるスピードが違います。
 
 
初回で戦力にはなりませんが、せっせとつみました。
摘む音と鳥の声がBGM~♪
 
 
不思議なことに
茶畑の中は虫がほとんどいません。
たまにテントウムシがいるくらい。
 
 
その理由は、年4回の刈り込みにあるそう。
マメにお手入れしているから
虫もつかずにキレイなんですね。
 
 
こうしてたまに来て自然を満喫するのはいいけれど。
 
これが日常なら、山での暮らしは
大変なことが多いだろうな~と…
生活に不便な島に住んでいたので想像つきます。

茶摘みの休憩タイムに

PM12:00
平松さんのご自宅へ集合。
昼食です!!
お弁当やお吸い物、お茶もご馳走になりました。
 
 
茶摘みのあいまに休憩タイムもあります。
 
 
お団子や、お茶を出していただいたり。
心づくしのおもてなしを受けました。

 
みょうがの皮でつつんだ出来たて、ほやほやのお団子。
祖谷の郷土料理だそう。
 
 
ご一緒した方々と会話していると
フレンチの店をオープンされるお若いシェフや
パン教室をされている方
和菓子とお茶のカフェをされている方だと分かったり。
 
 
「現場をたずねて体験することで
向き合い方もかわるし
新しいインスピレーションにつながる。」
 
 
話をしていると、うんうん!と共感できることが
あって嬉しくなりました。
 
 

山に自生する食材

 
みょうが、イタドリ、野苺など
山には食べられる食材が自生しています。

「野苺は木苺とはぜんぜん葉が違うけん。おいしいですよ。」

 
 
「みようがは、下のところを切って使うんよ。
炒めて卵とじにしたら美味しいよ。」
ちりめんとあえてもいける。」
 
 
ご年配の詳しい方が、食べ方を教えてくれます。
 
 
徳島特産素材をつかったお菓子をつくる、
という講座のテーマから、人のつながりや
新しい楽しみが広がっていくのは、嬉しいことです。
 

動画でご覧になりたい方はコチラ

 
茶摘みの様子は1分のショート動画にあげています。
雰囲気が分かりますよ~
 

生の茶葉でお茶をいれてみました。
すだちの花を浮かべると、
ふわっと甘~い香りがたちのぼります。

 
オンライン講座では、天空の山茶を使って
7月に米粉の絹ロールケーキを作ります。
 
 
お届けする『天空の山茶』は数に限りがあるため
受講したい方はお早めにお申し込み下さい。
 
 
パリでも買えない「和モダンフランス菓子」
徳島特産品と、材料セットの配送つきオンラインレッスンは
 
動画で好きなときに気軽に学べる、動画プラン
 
お菓子をおしえて3年以内の先生、
お菓子を仕事にしたい方に向けた
製菓理論も合わせて学べるマンツーマンプランがございます。
 
タイトルとURLをコピーしました