同じレシピでお菓子をつくっても毎回ムラがある方へ、その原因は?

お菓子作りのコツ

同じレシピでつくっても毎回ムラがある。
上手くいっても、
なぜうまくいったのか分からない、

という方に読んでいただきたい内容です。 

 

受講生さんから年始にこんな質問がありました。

『シュー生地の練習を重ねたいし
材料費の負担もへらしたいから、
半量でつくってもいいですか?』

お菓子を作ったけど1度にたくさん出来上がって
食べきれない、
というときも、ありますよね?

 

半量に減らすことについて、
そのときのリスクについてもお答えします。

こんにちは。

白砂糖をつかわない
おうちのお菓子がプロの仕上がりになる
ごきげんスイーツ

とくもとさとこ です。

中途半端に材料が余らないようにするとハードルが下がる

シュー生地はふくらむので
1回でたくさんのシュークリームができます。

買うよりも、おうちで作る方が経済的。
何より一番おいしいタイミングでかぶりつける!

しかも、シュークリームがつくれると
すっごく自信が生まれるんです^^

 

ごきげんスイーツの1単位のレシピでは
みかんほどの大きさのシュー生地が
10個できます。

シュー皮がパリッと
おいしいのは、やっぱり当日。

でも、10個は食べきれそうにない、
というときは、

水分量を50gにして下さい。

水のみのレシピは、50g
水+牛乳なら、25gずつになります。

卵1個で作れます。

あっ、シュー生地は
卵の量が毎回変わるから
ちょうどといかないこともありますが。

『中途半端に材料が余らないようにする』

家庭のお菓子づくりで意識すると
お菓子づくりのハードルが下がります。

シュー生地は多めに作って〇〇するのがおすすめ

ただ少量だと
水分が蒸発したり、温度が下がりやすくなって
安定にくいのも事実。

ある程度の量でつくった方が
仕上がりのブレが少なくなるんです。

 

食べきれないなら、
冷凍するのがおすすめ。

シュー生地は絞って、
焼く前の状態で冷凍保存できますよ。

同じレシピなのに毎回仕上がりにムラがある、その原因は?

お菓子は
プロのレシピに近づくほど、
指示がすごーく細かくなります。

温度などもそう。

なぜなら、
再現性が求められるから。

『同じレシピなのに毎回ムラがある。。』

という方は、
感覚だけに頼っていませんか?

レシピの文字だけだと、
人によってイメージする状態も違います。

 

そうならないために
温度が書いてあったり
動画で細かく指示をしたり、
安定して作れる量で、レシピを出しています。

シュー生地は特に!
細か~いポイントがたくさんあります。

途中しぼんでしまった!
うまくふくらなまい。
という方も、1回で諦めないで。

ちゃんとコツをおさえると必ず成功しますよ。

1人でできるか不安。
昔つくって失敗して以来、怖くてチャレンジできない、
という方も。

今月スタートするショートコース
絶対ふくらむ!シュー生地のオンライン講座で
サポートさせていただきます。

 

お菓子の基本をまるっと最短でマスターしたい方は、
オンライン6ヶ月コースが最適です。

手作りの安心感を手渡したい方へ
自信をもって贈れるお菓子に変わる

ごきげんスイーツ オンライン体験会はこちらから

おうちで旅する徳島特産スイーツオンラインレッスン
  オンライン講座リニューアルのため準備中です。 講座の詳細アップまで、今しばらくお待ちください。 2021年、もうすぐ募集を開始します! レッスン最新情報・先行案内はメルマガでお届けしています。 ...
タイトルとURLをコピーしました