製菓用チョコレートはスーパーの板チョコで代用できる?

お菓子作りの様々な知識
お菓子のレシピに、製菓用チョコレート、
クーベルチュールチョコレートとありますが、
スーパーの板チョコレートで代用してもいいですか?
という質問をいただきました。
 
製菓用チョコレートと板チョコレートの違い、
代用できるかどうかについてお伝えします。
 
 

製菓用チョコは板チョコで代用できる?

レシピによりますが、代用することはできます。
ただし、仕上がりは別ものになります。

レシピによるというのはどういうことかというと…

例えば、生チョコやボンボンショコラのように
チョコレートが主材料で、ダイレクトに影響する
お菓子に代用はおすすめしません。
 
 
ですが、ガトーショコラや
チョコレートプリンなどは
他の材料の割合が多いので問題ありません。
 
見た目も同じようにできて、普通においしい!

不味くて食べらない、ということは起こりませんので
気軽につくりたいときは、板チョコもありですね。

製菓用チョコレートと板チョコレートの違い

板チョコレート

スーパーで市販されている板チョコレートは、
そのまま食べておいしく、楽しめるように
調整されたものです。
 
 
舌ざわりをよくするために、植物油をくわえていたり
カカオの風味が弱いので、香料を補っていたりします。
 
お菓子づくりに使うと、
カカオバター以外の植物油や香料まで加わるので
余分なものが入ることになります。
 
 
講座では材料をお届けしていますが
市販のチョコレートをオンラインレッスンで
用意されていた方がいました。
 
加熱してもなかなか溶けません。
 
途中で変だな~気づいて。
お聞きしたら板チョコだったと分かって。

製菓用チョコレートに変えてもらったら
スムーズに溶けて、違いに驚いていらっしゃった
というエピソードもあります。
 
それくらい作業性に違いが出るということです。
板チョコを使った方が、むしろ難易度が上がる感じ、、、
 

製菓用チョコレート

製菓用チョコレート、クーベルチュールチョコレートと
呼ばれているものは、加工するのに
なめらかに溶けて、扱いやすいように作られています。
 
 
板チョコレートにに比べて、
カカオ分(カカオバター+カカオ固形分)が高いものが多く
カカオ本来の風味も強いのです。
 
だからこそ、お菓子にしたとき
チョコレートの味を豊かに表現できます!
 
 
お店みたいな洗練された味わいにしたければ、
製菓用チョコレートをぜひ購入ください。
 
製菓材料店にでは、様々なメーカーや
産地・品種のチョコレートがそろいます。
 
私は見ているだけでも、ワクワクしていきます!笑

 

この内容を動画でご覧になりたい方はこちらから

 

チョコレートについて知識を深めたい方は、
マンツーマンプランの製菓理論レッスンを受けていただくと
問題への対処、正しい方法などが体系的に学べます。
 

パンや料理の講師をしているけど
お菓子づくりは初心者。

人から聞かれて、上手く伝える自信がない方。

 

理論立ててお菓子の基礎が分かる
オンライン講座の詳細はこちらから。

お菓子を教えたい、販売したい方へ。理論が学べる和モダンフランス菓子 材料配送付きオンラインレッスン
人生初の素材に出会える!おうちのスイーツが非日常に変わる。和モダンフランス菓子 おうちで旅する徳島特産スイーツ 材料配送つき マンツーマンオンラインレッスン 手作りのお菓子で家族に喜んでもらい方“自分史上最高のお菓子を作りたい方”理論を知りながら基礎を知りたい方へ。ハッと驚きのある味わい、オシャレ感のあるフランス菓子の...
タイトルとURLをコピーしました