ゴールデンウイークは、
ベトナムのカカオ農園に行ってきました。
 
 
Instagramは、随時更新していて、
メッセージを頂いたり。
 
 

ネット環境があれば、世界中どこにいても
連絡・仕事のやり取りも
出来るって、ホント便利。

 
 
1年前ベトナムで、
Bean to Barチョコレートに出会って
衝撃を受けた際、
 
次回は、 
「絶対に、カカオ農園に行く!」
 
と決めていました 笑
 
 
念願かなって、
運よく3か所巡れました。
 
 
 
 
訪れて感じたことは、
カカオ豆は、〇〇産のように、
ひとくくりに、特徴付けをされますが
同じ国内でも、違います。
 
 
生産地域によって、
気候や土壌はもちろん
農園の規模とか、生産者の取り組み方まで
異なっているからです。
 
 

だから、その農園ごとに、
個性あるカカオ豆があって。

そこからさらに、加工者によって
違う魅力が引き出されるから、
本当に奥が深いな~と感じます。

 
 
 
本や画像で得た知識を土台にして、
現地で体感することで、
 
初めて、立体的に物事が捉えられる。
色んなことが、腑に落ちて、
だから、そうだなんだって。
自信を持って、自分の言葉で伝えらる。
 
 
そんな感覚を持てた時間でした。
 
農園の様子など、
また少しずつアップしていきますね。