フィナンシェやマドレーヌが型にくっつく!型離れが良くない時の対処法

お菓子作りの様々な知識

フィナンシェやマドレーヌを焼いたら
型にくっついて、表面がはがれちゃった。

バターを塗ったのに、くっつくときは
どうしたらいいの?

型を変えた方がいい?

という、型離れがよくないときの
原因対処法をお伝えします。

 
白砂糖を使わない!
体にやさしいおうちのお菓子が
プロの仕上がりに変わる!
 
ごきげんスイーツコンシェルジュ
とくもとさとこです。
 
 

型離れがよくない4つの原因とは?

ごきげんスイーツのオンラインベーシック講座で、
フィナンシェをつくった生徒さんが
先日、こんなメッセージがきました。


内側にバターを塗る下準備をしたのに

型に生地がくっついた。
特に角が。

パレットナイフで剥がしたら、
型に傷がついてしまいました。

型は変えた方がいい?
下準備に何か問題がありました?

フィナンシェ型は
クッキングシートを敷くわけにもいきません。

だから、バターを塗ります。

以前、マドレーヌを焼いた生徒さんからも

「せっかく型を買ったのに、
何回焼いてもくっつく!」

と質問をもらったこともありました。

型にくっつく原因は4つです。

くっつきやすい素材の型
とくにアルミ製。
ブリキも、油が馴染んでないと
最初はくっつきやすいです。


焼き時間がたらない

生焼けだと、生地に水分が残っているので
くっつく原因になります。


油脂が少ないレシピ
レシピに、バターや植物オイルなどの油脂が
多いとくっつきにくいですが、油脂が少ないと
くっつきやすい傾向にあります。


下準備の仕方

バターを塗るだけでスルっと外れるときと
外れにくい型があります。
塗り方にムラがあって、くっつく場合も。

型の下準備はできていますか?方法は2つある

バターを型にぬる。
バターを塗って、強力粉をうすくふる。

2つの方法があります。

バターを塗るだけでちゃんと外れる型は
その方法でOK。

ブリキににシリコンコートをしている型などは
バターを塗るだけで、
ツルンと外れる場合がほとんどです。

 

それでも外れにくい型のときは、

強力粉です!

茶こしなどで、まんべんなくふるいます。
余分な粉は、逆さにして
しっかりたたき落として““薄く”つけます。

「型からキレイにはがれました!」

くっついて困っていた生徒さんには、
型に粉をふることで、解決しましたよ!

それでも型にくっつくときは、スプレー式はく離オイルが便利

スプレー式のはく離オイル

で、外れないお悩みが、まるっと解決します。

その名のとおり、
くっつき防止のためのオイルなので、

バターよりも、型離れがよくて模様がハッキリと出ます。

私も使うことはあります。

よくくっついていた
銅製のカヌレ型が
気持ちよ~く、スルッと簡単に外れたときは
感激したものです。

吹き付けるだけなので
作業性は抜群

プロの現場では多く使われます。

ただ、フィナンシェのように
バターの風味にこだわりたいお菓子のときは
バターを塗ったほうが、
いい場合もあります。

お菓子を作る頻度も考えて
とり入れると、便利なアイテムです。

 

 

 

\お菓子づくりのヒントが見つかる/
ごきげんレター 無料メールレッスン♪

ほぼ毎日、配信しています!
メルマガにご登録下さい^^

404 NOT FOUND | フランス菓子 教室-和モダンフランス菓子 お菓子教室 アトリエ エス リエゾン
フランス菓子 教室 製菓材料をお届け 日常なのに非日常 パリでも買えない 和モダンフランス菓子 おうちで旅する 徳島特産スイーツ オンラインレッスン 動画で学べる マンツーマンレッスン 個別指導をしています ​お菓子教室 アトリエ エス リエゾン

ごきげんスイーツ
オンライン体験会の詳細はこちらから

https://atelier-s-liaison.com/taiken-online/?blog

タイトルとURLをコピーしました