お菓子づくりで、粉をふるう理由とは?正しい粉のふるい方

お菓子に使う材料の話

お菓子作りで、粉はなぜふるうの?

当たり前すぎることだけに
あまり理由を考えずに
“ただ作業するだけ”
になっていませんか?

粉をふるう意味を、正しく知って
意識しながら作業することで、
生地の仕上がりが変わりますよ~!

白砂糖を使わない!
おうちのお菓子が6カ月で
プロの仕上がりに変わる

ごきげんスイーツ教室
とくもとさとこです。

お菓子づくりで粉をふるう3つの理由とは?

「ふるう」とは、お菓子づくりで
粉類をふるいにかけることをさします。

とても大事な
下準備の基本の「き」です。

例えば、スポンジ生地。

薄力粉をふるわないと、
ふんわりした生地になりにくい。

粉の粒が、スポンジ生地の中にあった、
なんてことも起こり得ます。

粉類をふるう3つの理由

・ダマをなくす。

・空気を含ませる。

・粉類を均一に混ぜ合わせる。

 

正しいふるい方は、
粉ふるいを使って、
作る直前にふるいます。

少し高い位置から、
紙の上にふんわり空気を
含ませてふるいます。

今月の対面レッスンの様子です。動
粉のふるい方の場面を動画でチェック!

粉のふるい方、やりがちな間違いとは?

あなたは、
こんなふるい方をしていませんか?

ケース①
下の方でふるいながら、
手でこすり落としていませんか?

下の方でふるうと
空気を十分に含みにくいです。

手で押して落とすのではなく、
自然にゆすってふるいます。

最後に小さなダマは、どうしても残ります。
ヘラや手で軽く落として下さいね!

 

ケース②
ふるって時間がたってませんか?

計量は早めに準備されても、
粉をふるうのは直前です!

 

ケース③
ふるった粉を寄せ集めて
容器やビニール袋に入れていませんか?

けっこうやってしまう方多いです!

せっかくふるったものを、
寄せ集めてしまっては、
意味がなくなってしまう。
もったいないです!!

次からは、
紙の上に広げたままにしておきましょう。

1つでも当てはまった方
ふるう意味をもう一度見直してみて下さいね。


୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧ 

お菓子作りの作業1つ1つには
必ず理由があります。

ごきげんスイーツオンランベーシックでは
作業の意味をお伝えしています。

✔お菓子を自信をもって作れない初心者さん
✔我流のお菓子作りから、一歩すすみたい。

方のサポートをしています。

私にも作れた!
という感動を体験したい方は
ごきげんスイーツオンライン体験会へ、
会いにいらしてくださいね!

おうちで旅する徳島特産スイーツオンラインレッスン
 オンライン講座リニューアルのため準備中です。講座の詳細アップまで、今しばらくお待ちください。2021年、もうすぐ募集を開始します!レッスン最新情報・先行案内はメルマガでお届けしています。LINEでは毎週火曜・金曜20:00にお菓子づくりの
タイトルとURLをコピーしました